控え室

4赤ちゃんを授かるために
不妊症ってどんなもの?
10組のうち2組もの夫婦が不妊症だといわれる現在。もはや、他人事とは言えなくなってきました。早期発見・早期治療のためにも、不妊症がどんなものかをきちんと理解しておきましよう。

●体こんな場合は不妊症かも..
妊娠を望んでいる場合、1年以内に70%〜80%の女性が、2年以内に80%〜90%の女性が妊娠します。一般的に、不妊症とは「2年以上も子作りに専念しているのに妊娠しない状態」のことですが、1年経っても妊娠しない場合は、産婦人科を訪れるのも良いかも知れません。月経不順や生理痛が激しい場合、30歳を越えている場合は、早めの受診をおすすめします。

●不妊の具体的な原因は?
妊娠までには、「射精」「排卵」「受精」「着床」という4つのステップがあります。これらが1つでもクリアできなければ、妊娠はしません。

●原因は女性のほうにあるの?
男性側の不妊原因は、精子に関するものがほとんど。それに比べ、女性の場合は卵巣・卵管・子宮など原因はさまざまです。ただし、比率でいうと、男性側の原因が1/3、女性側が1/3、両者の場合が1/3なので、決して女性に多いというわけではありません。

●不妊になりやすい体質〜肥満・冷え性〜
肥満はホルモンのバランスを崩し、排卵障害を引き起こす可能性があります。また、冷え性による血行不順も同様。ホルモンの分泌量を減らし、排卵に悪影響を与えます。

●見落としがちな「心あたり」
生理不順や流産のほかにも、不妊の原因はあります。『最近、おりものが多いかも。』『小学生の頃、盲腸の手術したなあ。』『若い頃、クラミジアにかかっちゃった。』といった事柄も、実は不妊の原因になるのです。

女性の主な不妊原因
男性の主な不妊原因