控え室

4赤ちゃんを授かるために
不妊症ってどんなもの?
●女性の主な不妊原因
※脳下垂体のトラブル
排卵障害の原因で一番多いのは、ホルモン異常によるもの。ホルモンの分泌は脳が指令しますが、そこにトラブルがあると情報がうまく伝わらなくなります。


※高プロラクチン血症
プロラクチンとは、乳汁を出すためのホルモンのこと。この数値が高くなると、体が妊娠した状態に近くなるため排卵や着床が妨害されます。妊娠していないにも関わらず母乳が出る場合は、この可能性も考えられます。

※抗精子抗体
通常、病原菌が体内に侵入しようとすると、それをシャットアウトするための抗体ができます。ところが、精子をシャットアウトしてしまう抗体ができる場合もあり、妊娠を困難にしてしまいます。

※子宮頚管炎
子宮頚管は、排卵前になると粘液を分泌し、精子の進入を促します。しかし、細菌やクラミジアなどによる炎症があると、粘液の分泌量も減り、妊娠しにくくなるケースがあります。

※子宮筋腫
不妊の原因となりやすいのは、子宮の内側に向かって発生する場合や、子宮が変形するほど大きくなる場合。卵管を圧迫し、精子が卵巣に進入できなくなる場合もあります。

※子宮内膜症
子宮内膜と同じ組織が、子宮以外の場所にできる病気。発生場所はさまざまです。子宮内膜は生理時にはがれて月経血として排出されますが、子宮以外の場所にできた内膜は排出されず、徐々に周囲組織と癒着。クラミジアなどによる癒着と比べ、はがれにくいのが特徴です。また、卵巣などに古い出血が溜まる(チョコレート嚢腫)場合もあります。

※子宮腺筋症
「子宮内膜症」の一種で、強い生理痛が特徴。子宮の内側にある腺組織が、子宮の筋肉の中に発生します。

※子宮奇形
先天的なもので、まれに見うけられます。いくつかの種類があり、必ずしも不妊を招くものではありませんが、子宮内膜の発育が悪くなると妊娠しづらくなります。また、妊娠しても子宮が大きくならない場合は、流産の原因になることがあります。

※子宮腔癒着症
何らかの原因で子宮壁に傷がつくと、他の部分と癒着することがあります。着床の妨げになるだけでなく、妊娠しても子宮の伸縮が悪くなり、流産してしまうケースも。中絶や手術の経験がある場合は、要注意です。

※卵管の炎症
細菌や淋菌、クラミジアなどにより炎症を起こすと、卵管が癒着して不妊の原因となります。特に、クラミジアはほとんど自覚症状がないので注意が必要です。

※卵巣機能低下
何万個もあった原始卵胞が、まったく無くなると閉経を迎えます。ただし、年齢的には若くても、卵巣がうまく機能しない場合は排卵しなくなることがあります。

※卵巣嚢腫
卵巣のできもの。卵子を卵管に取り込めない、子宮へ運ぶことができない場合は、不妊の原因となります。卵管や卵巣の周りが癒着した場合も同様です。

※多嚢胞卵巣症候群
卵巣の膜が固くなり、その内側に排卵できない未熟な卵が溜まってしまいます。これにより、月経周期の長期化や無月経を招くことも。また、男性ホルモンが増え、毛深くなったり、太ったりすることもあります。

※骨盤腹膜炎
細菌やクラミジアによる炎症が、子宮、卵管を経て骨盤腹膜に達すると、下腹腔内に膿が溜まってしまいます。慢性化すると周囲臓器と癒着し、不妊の原因となります。

男性の主な不妊原因