控え室

6胎教のススメ
『ディズニーの英語システム』楽しく胎教(胎児コミュニケーション)して 妊娠期からのきずなづくり!

すてきな音楽を聴こう!
音楽は、赤ちゃんの脳の発達に最適。特に、情緒をつかさどる右脳を活性化させます。赤ちゃんはもちろん、お母さん自身が気持ちよく過ごすためにも、お気に入りの音楽を揃えておきましょう。


●心地よい「1/fゆらぎ」のリズムを
「1/fゆらぎ」とは、メトロノームの音とラジオの雑音の中間にあたり、規則正しさ と不規則さが調和している状態のこと。そよ風や小川の流れ、人の体もこのリズムで 動いています。クラシック音楽などにもこのリズムがあり、聴くと気持ちが落ち着くのはこのためです。

●いい音楽はいい音で聴こう
赤ちゃんの耳はとてもデリケートなので、いい音源を選んで録音したいもの。最近はデジタル録音が主流なので、その音を忠実に再現してくれる胎教に適したオーディオやスピーカを選ぶことも大切です。チャンスがあれば、コンサートなどにも出かけてみましょう。

●音は「ちょっと大きめ」がポイント
お腹の赤ちゃんは、血流音や腸の音など、さまざまな雑音に囲まれています。ハッキリと聴きとってもらうために、お母さんの耳にちょうどいい音より2割増し程度のボリュームで音楽を流すと良いでしょう。

●いろんな音楽を聴かせてあげて
モーツァルトやベートーベンだけが、胎教音楽ではありません。お母さんが好きなら、ポップスでもニューミュージックでも大丈夫。でも、お腹の赤ちゃんにはできるだけ幅広いジャンルの音楽に親しませてあげることも大切です。

●オリジナルテープ(CD)を作ろう
赤ちゃんに聴かせてあげたい曲、赤ちゃんの好きそうな曲を選んで、テープやCDに収録。いま自分が好きな曲を聴かせたいのであれば、それでもOKです。ただ、同じジャンルの曲を延々と聴かせ続けると、お腹の赤ちゃんは退屈して眠ってしまうとか。日本語以外の楽しい曲や歌も一緒に聴かせてあげると、胎教にもなり良いでしょう。

●録音・編集の注意点
録音・編集は、曲によって音が大きくなったり小さくなったりしがち。全曲を通じて、同じボリュームでまとめたいものです。一般的に、ポピュラー、童謡などは大きな音量で録音されているので、録音するときに少しボリュームを下げるようにしましょう。
┌ミッキー&楽しい音楽┐

楽しく胎教(胎児コミュニケーション)して
妊娠期からのきずなづくり!

└―――――――――┘
©Disney