控え室

女性が知りたい女性の体
そもそも生理って何だろう?
●生理にまつわるQ&A
◇生理後の1週間は安全日ってホント?
生理周期が短く、生理期間が長い場合は、生理後1週間以内に排卵が起こる(妊娠する)可能性もあります。安全日だろうと危険日だろうと、妊娠を望んでいない場合はきちんと避妊しておきましょう。

◇生理中にSEXしても大丈夫?
生理中の膣内は、雑菌が繁殖しやすい状態にあります。何らかの形で雑菌が送りこまれると、膣炎を引き起こすこともあるので要注意。生理中のSEXは経血が逆流し、子宮内膜症の原因になることもあります。パートナーにも、この点は理解してもらいましょう。

◇生理を早めたり遅らせたりするには?
ホルモン剤を服用することで、生理予定日を変更することができます。ただし、予定日の5日以上前から服用する必要があるので、産婦人科の受診はそれ以前に。短期間の服用であれば副作用の心配はありませんが、しばしば「おりものが増える」「気分が悪くなる」といった症状が出ることもあります。また、持病がある場合は使用できないこともありますので、あらかじめ産婦人科医に相談しましょう。

◇生理不順の原因ってどんなもの
多くの場合は、排卵障害が考えられます。排卵が一定していないため、次回排卵日の推定が困難に。ただし、妊娠を望んでいない場合は、常に避妊しておく必要があります。産婦人科では、主に生活指導を通して体質を改善。排卵が起こっていない場合は、ホルモン治療を行います。

◇生理が順調なら何も心配しなくて大丈夫?
生理があっても排卵していないケースがあります。これは、「無排卵性月経」という排卵障害のひとつ。もちろん妊娠はしません。基礎体温を測定していれば、ある程度分かりますので、気になったら産婦人科を受診しましょう。産婦人科では、主に生活指導を通して体質を改善していきましょう。

◇タンポンを使うときに注意することは?
タンポンの長時間使用や出し忘れは、膣炎や骨盤腹膜炎などを引き起こすこともあります。ナプキン並みに取り替え、出血量が少なくなったらナプキンに変えたほうが良いでしょう。吸収力が高いからといって、"頼りっぱなし・入れっぱなし"は御法度です。