本がん・生殖医療学会は、がんの治療によって生殖機能が損なわれる場合に備えて精子や卵子を凍結保存した患者の情報登録システムの運用を2022年1月から始める。登録者は専用のアプリで定期的に病状や不妊治療の経過を入力。保存した精子や卵子を使った不妊治療でどのくらい子どもが生まれたか、実態の分析に活用する。

 約6千人が参加して18年から運用する既存の仕組みを刷新する。治療に抗がん剤を使う自己免疫疾患の患者も対象。従来の仕組みでは保存した精子や卵子を使わないまま何年もたって連絡が取れなくなる場合があったが、情報の精度を高め、長期的な支援につなげる。

引用元:
精子や卵子保存、情報登録を刷新 がん患者対象、不妊治療分析 (東京新聞)