さまざまな細胞に変化させることができるマウスの「ES細胞」から正常に機能する卵巣の組織を作り出すことに世界で初めて成功したと、九州大学などのグループが発表しました。
今後、不妊の原因の解明などに役立つと期待されています。

これは、九州大学大学院医学研究院の林克彦教授や吉野剛史助教らのグループが発表しました。

「ES細胞」から卵子を作製する研究では胎児から取り出した卵巣の細胞と組み合わせて培養する必要があり、マウス以外の動物で研究を進める上での課題となっていました。

グループではマウスのES細胞に特殊なたんぱく質などを加えることで「胎児の卵巣によく似た細胞」を作り出すことに成功し、別のマウスのES細胞から作製した「卵子の元になる細胞」と組み合わせて培養しました。

その結果、この細胞は卵巣の組織に成長し、できた卵子を人工授精させると正常なマウスが生まれたということです。

マウスのES細胞だけで正常に機能する卵巣の組織を作製するのは世界で初めてだということです。

グループでは今後、ほかの動物でもES細胞だけで卵巣や卵子が作製できれば、不妊の原因解明や治療法の開発、絶滅危惧種を保護する研究などに役立つとしています。
林教授は「原因の分かっていない卵巣に関する病気もあるが、ES細胞などで卵巣の発生を再現できれば、原因の解明につながるはずだ」と話していました。
専門家「極めて重要な成果」
生殖細胞の発生に詳しい京都大学の斎藤通紀教授は、今回の研究について「極めて重要な成果で、卵子と合わせて卵巣自体を作製したことになる。今後、ヒトやほかの動物でも卵巣の細胞を誘導したり、基本的に同じ原理である精巣の細胞を誘導したりするなど多くの研究が進むことが期待される」とコメントしました。

引用元:
不妊の原因解明に期待 「ES細胞」から卵巣組織を作製 世界初(NHK)