国立がん研究センターは7日、母親の子宮頸がんの細胞が出産時に移行し、2人の男児が肺がんを発症した事例があったと発表した。こうしたケースの確認は世界で初めてとしている。研究成果は、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

研究チームは、2人の男児に見つかった肺がんの細胞から、本人のものではない遺伝子を発見した。いずれの母親も出産後、子宮頸がんと診断されていたため調べたところ、男児と母親のがん細胞の遺伝情報が一致したことから、がんの移行がわかったという。

 子どもが肺がんを患うことは極めてまれだ。同センターは、子どもが生まれて初めて泣いた時に、母親のがん細胞が混じった羊水を吸い込み、肺に広がったとみている。

 2人のうち1人は、がんに対する免疫の攻撃力を活性化する薬で、がんがほとんど消えた。母親由来のがん細胞のため体内で異物と認識されやすく、薬が効果的だった可能性があるという。もう1人は手術でがんを取り除いた。

 国立がん研究センター中央病院の小川千登世・小児腫瘍科長は「極めて珍しい事例だが、検診や予防接種で子宮頸がんを予防していくことが重要だ」と話している。

 横浜市立大産婦人科の宮城悦子教授の話「母親のがんが、子どもに移行したことは衝撃的だ。出産前のがん検診の精度を高めていくことも必要だ」


引用元:
母親の羊水にがん細胞、初泣きで吸い込んだ子が肺がん発症 (読売新聞)