【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の韓貞愛(ハン・ジョンエ)政策委員会議長は17日の国会院内対策会議で、韓国で活動する日本人タレント、藤田小百合さん(41)が精子提供を受けて出産したことを祝福した。

国会院内対策会議で発言する韓氏=17日、ソウル(聯合ニュース)

 韓氏は、藤田さんが選択的シングルマザーになったとし、「子どもが育つことになる大韓民国がさらに開かれた社会になるよう、皆がともに努力しなければならない。国会がその役割を果たす」と述べた。

 藤田さんは16日に韓国のニュース番組を通じて、日本で精子提供を受け男の子を出産したと明らかにし、「とても幸せだ」と感想を語った。病院で自然妊娠が難しく体外受精の成功率も高くないと言われたが、急いで相手を探して結婚することができなかったため非婚出産を決心したと説明した。

 また、日本で精子提供を受けた理由について「韓国では未婚者の体外受精は不法だった」とし、「(未婚者が)出産する権利を認めてほしい」と述べた。

 藤田さんは2007年に外国人女性が韓国での生活を語り合うトーク番組「美女たちのおしゃべり」に出演したのをきっかけに韓国で芸能活動を行ってきた

引用元:
韓国で活動の日本人タレントが非婚出産 与党幹部も祝福(聯合ニュース)