産後、母乳の出がよくないことで悩むママもいるでしょう。いざ母乳をあげようと思ったときに、出なかったり、量が少なかったりするとママは不安になってしまいますね。ママスタBBSに母乳育児をしたいママからの相談が寄せられていました。


『完全母乳にしたいのですが、母乳が足りないんです。母乳が出るようになるためにしていたことがあれば教えてください』

母乳育児に関しての悩みは、先輩ママからのアドバイスが役立ちます!

先輩ママたちが授乳中に食べたもの、飲んだもの。それは……。

授乳中に先輩ママたちが意識して食べたり飲んだりしていたものを聞いてみました。


『おこわや根菜の煮物。和食がいいって聞くよ』


『お餅をよく食べたな。あと、たんぽぽ茶、ハーブティーを飲んだ』


『汁物をご飯の際に食べる。義母はよくお餅を入れてくれたよ』


『白米をたくさん食べたよ』


『3食プラスおやつをしっかり食べるようにしていました。おやつはおにぎりとか茹でたトウモロコシとかさつまいも』

先輩ママたちは和食を中心として、白飯やおこわ、お餅などの炭水化物を意識して食べていたようです。ただママの食事の内容は母乳にはあまり影響しないともいわれています。「母乳を出すため」ではなくあくまでママ自身の健康のためにバランスの良い食事を摂ることが必要になるでしょう。

(参考:ママスタセレクト「母乳育児で辛い乳腺炎!前兆はある?やめておく方がいい自己流ケアは?」)

母乳を出すために必要なこととは

食べ物以外で母乳を出すためにいいとされることも寄せられました。


『母乳が出なくても赤ちゃんに吸ってもらう』


『母乳は休んでいる間に作られるみたいだからたくさん食べてたくさん寝た』


『ストレスをためないこと』


『出なくても3時間おきに吸わせていた』


『とにかく吸わせる。よくマッサージする』

赤ちゃんがママのおっぱいを吸う(吸啜(きゅうてつ)・吸引)刺激が脳に伝わることで、母乳を作るホルモンが分泌される仕組みになっています。母乳がいま出ていなくても赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことによって母乳の分泌がスムーズになるのではないでしょうか。まずは試してみましょう。

(参考:「母乳で育ててみませんか」プレマnet 新米ママパパの出産・育児・子育て応援サイト)

「母乳じゃなきゃだめ」という思いこみをなくすことも大切

母乳が出ない場合はミルクでもOK! 母乳が出ないことで自分を責めないようにしたいですね。


『足りないならミルクを足してあげる方が、赤ちゃんにもお母さんにもいいと思うよ』


『母乳が足りないならミルク足す! これに尽きるよ』


『母乳外来とか行ってみるのはいいと思うけど、あんまり頑張りすぎないでね。肩の力抜いてね』


『あんまり思いつめないほうがいいよ。私も1人目のとき何故か頑張りすぎちゃってつらかった』


『あんまり無理しないでね』

筆者も母乳育児にこだわるあまり、泣いたり病院に相談したりした経験があります。もう何年も前のことになりますが、今思い出しても、なぜあんなにこだわっていたんだろうと自分のことながら不思議に感じながら思い出すことがあります。もし二人目を産んでいたら、きっとそこまで母乳育児にこだわることはなかったかもしれません。

母乳育児はできればなお良し。「頑張りすぎない育児」を

母乳が出る量が少ないと悩む投稿者さんには先輩ママたちからのアドバイスと同時に、「母乳にこだわる必要はない」という意見も寄せられています。
今まさに母乳育児をしたいと思っているママは「母乳を出したい」という気持ちが何より先にくるでしょう。まずは先輩ママたちが教えてくれた方法を試してみてはいかがでしょうか。もしそれでも母乳育児が難しい場合は、「母乳育児にこだわる必要はない」という先輩ママたちの言葉を思い出してください。母乳でもミルクでも赤ちゃんの栄養源には変わりありません。育児は頑張りすぎないことが大切ですよ。

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ


引用元:
母乳育児がしたいのに思うように母乳が出ないと悩むママに寄せられた先輩ママたちからのアドバイスとは(ママスタセレクト)