札幌上空が青空と雲で二分されました。
今日22日(金)の北海道は、高気圧が東に離れつつあり、昨日に比べると雲が多くなっています。札幌市内も未明から雲に覆われていましたが、6時半頃から一気に雲が少なくなり、空には青空と雲の境界線が現れました。

衛星画像を見ると、札幌上空に広がる雲と日本海を進む低気圧の雲の間に大きな隙間が見られます。上空の風の流れによって出来たものです。

いったんは青空が戻った札幌周辺は、さらに南に広がる低気圧の雲に覆われるため、再び曇ってくる見込みです。明日23日(土)以降は曇りや雨の日が続きますので、しばらくは青空を見られないかもしれません。

引用元:
札幌上空に雲の境界線 青空と雲で二分(ウェザーニュース)