喫煙に関わることは、ママに限らずマナーが取り沙汰されやすい問題です。妊娠を機に禁煙した人もいるでしょう。しかし、出産から間もなく喫煙を再開してしまうママも少なからずいるといいます。その中でも、とくにびっくりするようなママたちに出くわしたというエピソードを見てみましょう。



■やっぱり目に付く歩きタバコ。ベビーカーを押しながら吸うママも



・「前を歩いていたベビーカーを押しているママが、歩きタバコをはじめてびっくり!吐いた煙が子どもに当たらないよう外側を向いているせいで、その煙がうしろにいる私たちに流れてきているし……。うちの子どもは喘息持ち。道を曲がって別のルートで目的地まで行きました」



・「喫煙者のママ友がいます。子どもの前では吸わないなどマナーを気にしているので普通にお付き合いをしていましたが、先日歩きタバコをしている姿を見てしまって。しかもそのままポトッとタバコを捨てたんです。子どもは一緒ではなくそのママだけでしたが、子どもがいなければそういうことをするんだなと思うとショックでした」



・「ベビーカーを押しているパパとママが、二人そろって歩きタバコ……。煙や灰が赤ちゃんにかかることは気にならないんでしょうか」



タバコのマナーでも特に問題視される歩行喫煙。近年は、歩行喫煙や公共の場所での喫煙に対して罰則規定が設けられていることもありますが、まだまだ目にすることも事実です。とくに子連れであればより目につきやすく、非常識な印象が強くなってしまうのではないでしょうか。

■公園内で喫煙。子どもが火傷したケースも



近年は喫煙できるスペースがどんどん減っています。それでも、一部の公園にはまだ喫煙スペースが残っていたり、禁煙がルール化されていなかったりするところもありますよね。



・「『うちの子が悪いことをしたら怒っていいからね!』と言い、ベンチでタバコを吸いながらお喋りに夢中になっている喫煙者ママたち。本人たちはリフレッシュできるのかもしれませんが、こっちは子守にされているようでモヤモヤ。副流煙も気になるし、近頃は違う公園に行くようにしています」

・「本当は子どもの前では吸わないでほしいのですが、公園に行くと『ちょっと吸ってくるね』と一服しはじめるママ友。あるとき、子どもがタバコを持っていたママに駆け寄ってしまい、腕に軽い火傷を負ってしまって……もちろん私も不注意だったのですが、せめて子どものことは見ていてほしいと思ってしまいます」



タバコは手に持っている状態でも700〜800度近い温度になるといいます。ちょっとかすっただけでも、大きな火傷につながるおそれも考えられますよね。さまざまな年齢の子どもたちが自由に遊ぶ場であることを考えても、公園での喫煙が気になるという人は多い印象を受けました。



■人の家でもタバコを吸いたがるママ友



・「最近仲良くなったママ友を自宅に呼んだら、『タバコ吸っていい?』と言われてびっくり。そういえば、家に呼ぶ前に主人が喫煙者かどうかを聞かれたんです。夫はタバコを吸うので、この家ならいいと思われたんでしょうね。主人は家では吸わないのでそう伝えたら、ベランダ借りるねと出ていって吸っていました。ベランダとは言え、ニオイは気になりますし……その日は出していなかったんですが、洗濯物を干していたらどうするの?って感じです」

・「喫煙者のママが、なにかと私にもタバコをすすめてくるので困っています。冗談だと思いますが、『そしたらこのおうちでも吸えるようになるのに〜』って、正直その考え方にうんざり。ちょっとずつ距離を置こうと思っています」



親しき中にも礼儀あり。人の家でタバコを吸うのは、相手のママも喫煙者などの場合でない限り難しいのではないでしょうか。とくにタバコはただの嗜好品ではなく、自分や子どもの健康被害も気になるところ。自分が吸いたいから相手にもすすめるというのは、自己中心的だと思われてしまっても仕方ないかもしれませんね。

■注意しあえる関係づくりも



・「仲のいいママ友がいるんですが、ときどき歩きタバコやポイ捨てをするので困っていました。子どもも仲良しなので一緒に出掛けることも多く、注意しましたがなかなか改善しなくて。今はお出掛けの際、私がさりげなく携帯灰皿を持ち歩き、ポイ捨てさせないようにしています」



子ども同士の縁を大切にしたいとき、またはママ同士が(タバコの面以外では)気が合うという場合は、思い切って注意するのも一つの手。



親が喫煙者ではない場合、子どもの健康を考えてタバコを不快に感じる人は多いのではないでしょうか。しかし一方で、「嗜好品なので、マナーさえ守っていれば気にならない」という声も多数きかれます。ママに限らずですが、タバコはマナーがとても大切。せっかくの縁をタバコでダメにしてしまうのももったいないもの。お互いに歩み寄りながら、よりよいママ友関係を築けていけるのが理想ですね。





引用元:
ベビーカーに歩きタバコ、人の家でも…出産後、喫煙を再開するマナー違反のママたち(エキサイトニュース)