熊本大学発生医学研究所が卵子と精子をつくるきっかけとなる遺伝子を発見した。今後、不妊治療など生殖医療の進展につながると期待されている。新たな遺伝子を発見したのは、熊本大学発生医学研究所の石黒啓一郎准教授のグループ。研究グループによると卵巣や精巣などの生物の組織は「体細胞分裂」で細胞が増殖し、その後、「減数分裂」と呼ばれる特殊な細胞分裂に切り替わり卵子や精子が作り出される。石黒さんのグループは、減数分裂のスイッチ≠ニしての役割をする遺伝子を見つけ「マイオーシン」と名付けた。卵子や精子が作られる際の減数分裂を引き起こすメカニズムはこれまで解明されておらず、石黒さんによると世界初の発見だという。今後、不妊治療など生殖医療の進展につながると期待されている。

引用元:
熊大発生医学研究所が不妊症原因遺伝子発見(日テレNEWS24)