妊娠後期に新型コロナウイルスによる肺炎になった妊婦9人が、健康な赤ちゃんを出産し、赤ちゃんへの感染を示す証拠は確認されなかったと、中国・武漢の大学病院などの研究グループが発表しました。




新型コロナウイルスの感染拡大が続く、武漢の大学病院などの研究グループは、妊娠後期にウイルスに感染して肺炎を発症した、26歳から40歳の9人の妊婦の経過などについてまとめた論文を、医学雑誌「ランセット」に発表しました。

それによりますと、9人は先月20日以降、妊娠36週から39週の間に帝王切開で出産し、特別な治療が必要な赤ちゃんは、いなかったということです。

9人の肺炎の症状は比較的軽く、7人に発熱、4人にせきなどの症状がありましたが、出産後に検査ができた6組の親子では、羊水やさい帯血、それに赤ちゃんの、のどの粘膜などにウイルスは検出されず、母親から赤ちゃんに感染することを示す証拠は、なかったとしています。

一方で、研究グループは、今回は限られた人数での研究で、妊娠初期や中期に感染した場合の赤ちゃんへの影響は、まだ分かっていないとしています。

妊婦の感染症に詳しい神戸大学の山田秀人教授は「胎児に感染しなかったのは、安心材料である一方、妊婦が肺炎を発症している事実はある。過剰に不安になる必要はないが、妊婦はインフルエンザなどでも重症化しやすい傾向があるので、一般的な感染予防を心がけてほしい」と話しています。


引用元:
新型肺炎 患者9人が出産 “赤ちゃんへの感染 確認されず”(NHK NEWS WEB)