シドニー大学の科学者らが行った試験で、50年前に回収された羊の精子による妊娠が実現した。受精したメリノ羊56頭のうち、34頭が妊娠した。海外メディアSkyNewsが伝えた。
【写真】大変身! 花嫁のメイク、ビフォーアフター

 試験に使用された精子は、4頭の羊から回収されたもの。そのうちの1頭はサー・フレディという名の羊のもので、1968年に回収。世界一古い“生きた”精子として知られていた。精子は小さなペレットに入れられ、液体窒素によりマイナス196度で保存されていたとのこと。

 今回の妊娠成功率は61%で、1年前に冷凍保存された精子の妊娠成功率59%よりも高かった。准教授のサイモン・デ・ガーフはこの試験結果が「長期間にわたり冷凍保存された精子の生存能力を証明するものとなった」とし、絶滅危惧種の繁殖を助けるための新しい希望となると話した。

引用元:
50年前の精子で羊が妊娠! 妊娠成功率61%(クランクイン)