不妊カウンセラーの笛吹和代さんの妊活診断。そろそろの人も、まだまだ先の人も、不妊治療を視野に入れている人も、妊娠適齢期っていくつまでかご存知ですか?35歳?今なら40歳?知ってるようで知らない妊娠適齢期について、まとめておきます。

Q1 妊娠適齢期はいくつまで?

昔は35歳で高齢出産と言われたけれど、今は40代でも産める。35歳までに産めばいい。35歳を過ぎても不妊治療がある。大丈夫、大丈夫。……なんとなくそんなふうに思っていませんか?

もちろん、35歳を過ぎたからといって突然妊娠できなくなるわけでも出産できなくなるわけでもありません。ただ、ひとつ確かな事実があります……35歳までが適齢期なのではありません。

Q2 20代と30代の妊娠、何が違うの?

「35歳までに産めばいい」と考えていらっしゃる方の中には、「35歳までなら、いつ産んでも同じ」と思っていらっしゃる方がいますが、それはちょっと違います。いちばん明確なのは、卵子の数です。

Q3 20代半ばが適齢期と言われても、20代で結婚できないのですが……。

たとえば大学を出て就職して2〜3年、ようやく仕事を覚えるころです。そこで妊娠?むしろ、さあこれからって時期ですよね。20代半ばで妊娠・出産しようという発想は、今時のワーキングウーマンにはそもそもないに等しいのではないでしょうか。

だからこそ、自分の人生プラン、立ててみませんか? 自分がどういう人生を送りたいのか。絶対子どものいる人生なのか、子どものいない人生もアリなのか? 何がいちばんしたいのか。何をいちばん優先させたいのか?

もちろん相手のいる話ですので、プラン通りに進むとは限りませんが、少なくとも、ご自身の心構えはかなりスッキリするのではないでしょうか。

それを考えた上で、妊娠適齢期のことや不妊治療の可能性、そのリスクも知った上で、出産を先延ばしにするのはアリです。しかし、それを知らずになんとなく先延ばしにしていると……。

Q4 不妊治療の成功率はどれぐらい?

ちょっとシビアではありますが、ここで不妊治療のデータをご紹介します。

不妊治療で出産できた人は、30歳で19.9%、35歳で16.3%です。30歳でも5人に1人。35歳で6人に1人という数字です。40歳では7.7%に下がります。どの年代でも成功するのは少数派なのです。

Q5 まだ妊活中ではありませんが、将来に向けて心がけておくことは?

しっかり食べる、十分な睡眠時間を取る、適度な運動をする。どれもありふれたことですが、まずはここからなんですよね。そして、こうした普段の生活習慣が、そのまま妊娠しやすいカラダづくりにつながっていくのです。

賢人のまとめ

妊活については、できるかぎり正確な情報を入手して、計画を立てていただきたいと思います。妊娠適齢期といってもきっちり決まった年齢があるわけではありませんが、一般的に、妊娠のしやすさという意味では30代より20代ということは言えます。

プロフィール

妊活の賢人 笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。



引用元:
【働きながら妊活しましょ】知らないとやばい!妊娠適齢期についての基礎知識まとめ!(ニコニコニュース)