4月から横浜市内の4か月児健診で「スターマン!おきてくださーい」を無料配布

 地域に根付いた球団作りを目指す横浜DeNAベイスターズ。神奈川県内の幼稚園、保育園、小学校に通う子供たちにベースボールキャップを配布したり、選手寮で提供される「青星寮カレー」のレシピを横浜市内学校給食用に提供したり、これまでも様々な取り組みが行われてきたが、今年4月からは新たに赤ちゃん絵本「スターマン!おきてくださーい」を横浜市約3万人の乳児に無料配布している。

「横浜にある球団ですので、市民の方々に貢献できることはないか探す中で、ベイスターズがより長く愛されるような存在になるにはどうしたらいいのか、考えていたんです。ご家族何世代にもわたって、ユニホームを着て球場に来てくださる光景がもっと見られるようになりたい。家族の会話でもっと野球やベイスターズが登場するようなコミュニケーションツールがあるといいなと。そこで、お子さんに読み聞かせができ、家の中に長く存在できる絵本がいいんじゃないか、という話になりました」

 球界初の赤ちゃん絵本誕生のきっかけについて語ってくれたのは、発案から制作に携わった広報部の池田紗里さんだ。4月1日から横浜市内の4か月児検診会場で無料配布されている絵本は、企画から配布まで約1年を要したプロジェクトの産物。絵本制作が決まってから、池田さんは書店の絵本コーナーに足繁く通ったという。そこで気が付いたのは「絵本は長く愛されるロングセラーが多い」ということだった。

「お母さんが子供の頃に読んで好きだった絵本を、自分の子供に読んであげたり。繰り返し、長い付き合いになるのだなと感じました」

 絵本を制作する上で、一番の肝となるのは誰に絵本を書いてもらうかだ。球団が絵本に込めたい思いや世界観に共感し、表現してくれる作家を探す過程で、池田さんは最終的に「いいなと思った絵本を3冊買ったんです」という。その中の1冊が、横浜市在住の絵本作家・ひらぎみつえさんの作品だった。

絵本をきっかけに家族でコミュニケーションが生まれるように…

「やはり横浜に縁のある方に描いていただきたいと思っていました。絵本を描いていただく中でこだわった点が2つあります。1つは、主人公の球団マスコット『DB.スターマン』をかわいく描いてほしいということ。2つ目は、主な対象が0歳児の赤ちゃんなので、ストーリーよりもコミュニケーションが生まれる内容にしてほしいということ。スターマンを起こそうと大きい声で呼びかけたり、くすぐったりして、お母さん、お父さんと赤ちゃんが一緒に笑顔で楽しめるようにしたかったんです」

 赤ちゃん絵本を多く手掛け、自身も6歳の子供を持つひらぎさんからも、数々のアイディアが寄せられたという。絵本の中身が形になる中、絵本の形状も細部までこだわった。

「赤ちゃんが口に入れても安心な素材にしたり、本の角を丸くしたり。お母さん、お父さんは出かけるとき、荷物が増えてしまうので、持ち歩きやすい軽さや大きさを考えたり。一般的に、絵本は表紙を開いたらタイトルが書いてあって、その次のページからお話が始まることが多いんですが、ページ数を減らすため、表紙を開いたら早速お話が始まる形にしました」

 実際に絵本が出来上がった時は「うれしかったですね。頭に思い描いていた物が形になって変な感じでした」と笑う池田さんだが、それ以上にうれしかったのが、4か月児検診会場で実際に絵本を配布している様子を目にした時だったという。

「検診会場で実際に絵本を受け取って喜んでいるお母さんや、会場ですぐに読み聞かせをしている姿を見ると、本当にうれしかったですね。この絵本をきっかけにお父さんも読み聞かせに参加してくれたら、とも思いますし、横浜で生まれた子供たちにとって最初の思い出になったらすごくうれしいですね」

「恩返しではないですけど、いつもベイスターズを応援して下さる皆さんの心の栄養になるような、人生に寄り添っていけるようなアイテムやイベントをこれからも作っていければと思います」。横浜にある日常風景の1つとして球団が溶け込むように、次はどんなアイディアが飛び出すのか期待したい。

引用元:
「より長く愛される存在に」ベイスターズが球界初赤ちゃん絵本に込めた思い(Yahooニュース)