国が4月1日にまとめた14歳(さい)以下の子どもの数は、前の年より18万人少ない1533万人でした。子どもの数は38年連続で減(へ)り続けていて、くらべることのできる1950年以降(いこう)でいちばん少なくなっています。

 このうち男の子は785万人、女の子が748万人。年齢(ねんれい)で見ると、12〜14歳は322万人ですが、0〜2歳は286万人にとどまっています。

 日本では、生まれる子どもの数が減り、お年寄(としよ)りが増(ふ)える「少子高齢化(しょうしこうれいか)」が年々進んでいます。働く人が減るので、会社や農家、建設現場(けんせつげんば)などの人手が足りなくなったり、国や自治体に入る税金(ぜいきん)が少なくなったりすることが心配されています。

 国は、子どもを安心して育てられる環境(かんきょう)をつくって少子化を止めようと、出産や子育てへの支援(しえん)に取り組んでいます。


引用元:
<社会編>子どもの数 38年連続で減る(東京新聞)