花粉が舞うこの季節、ただ外に出るというだけでも苦痛に感じてしまう方は日本中にいらっしゃることだろう。鼻水、くしゃみはもちろん、せきに頭痛におまけに熱まで…… あらゆる対策を講じても、全然効果がない! なんて方はもしかすると、幼少期に原因があるのかも?

幼少期にペットを飼っていた人はアレルギー症状が出にくいという研究結果
スウェーデンの研究機関によれば、どうやら幼少期にペットに囲まれて過ごしていると、花粉症や湿疹、喘息などのリスクを回避することができるようだ。子供のころからペットと過ごしていると、病原菌やバクテリアに触れる機会が多くなり、免疫構造が鍛えられる、ということらしい。

研究チームは、4匹ほどのペットに囲まれた7〜9歳の子供たちのいる家庭を対象に調査を行ったところ、対象となる子供たちが赤ちゃんのころからペットを飼っていた家庭と、まったくペットに触れていなかった家庭とを比較すると、約16%の差でペットを飼っていた家庭の子供の方がアレルギーを発症する機会が少なかった、という研究結果を発表している。

また、イェーテボリ大学のBill Hesselmar氏によれば、ペットが持っている病原菌に幼少期から多く接していると、上記のようなアレルギー症状だけではなく、肥満やメタボリック症状、さらには血管系の病気や免疫疾患などの病気のリスクから身を守ることができる、という研究結果もある様子。

花粉症で悩んでいる、という方はもしかすると子供のころにペットと触れる機会が少なかったのかも? かわいいだけじゃなくて、僕らの身体も守ってくれるペットたちはかけがえない存在、ということだろう……

引用元:
幼少期にペットを飼っていた人はアレルギー症状が少ないという研究結果(Qetic)