女性の社会進出が増加したことにより「男性も家事や育児をする」という考え方が当たり前になりつつあります。その一方で6歳未満の子供がいる家庭の家事・育児関連時間(平成28年度総務省調べ)をみると妻が平均7時間34分、夫が平均1時間23分と大きく差が開いています。妻が常に疲れている…そんなご家庭もあるのではないでしょうか。そこで、今回は「妻のストレスが軽減する・喜んでくれる」魔法の言葉をご紹介いたします。(香村薫)

 魔法の言葉1:子供を連れて外へ出てこようか?

 平成30年内閣府の調査によると、妻の家事時間7時間34分のうち、その半分近くである3時間45分を育児が占めています。

 夫婦で洗濯や掃除などの家事をシェアするのもよいですが、最初のうちは慣れない家事にお互いイライラしてしまうもの。そこで、まずは率先して育児を担当してみてはいかがでしょうか。

ここでポイントになるのが、“夫と子供が外出し、妻が家事に集中できる時間を作る”という点です。

 皆さんは「子供をみておくからカフェでも行ってきたら?」と言ったことはありませんか?この言葉、最初は嬉しいのです。ところがいざやってみると、急なフリータイムで「ひとり時間」を満喫するのは意外と難しいことに気づくでしょう。私自身、ストレス発散しなきゃ!と意気込むものの何をすればよいか分からず、自分だけが自由な時間をもらってなんだか悪いことをしているような気持ちになっていました。そして帰宅してみると、溜まった家事の山にため息が出てイライラが増してしまうことが多かったのです。

そこで、夫から提案があったのが「今から2時間子供と外出してこようか?」という言葉。これがとても効果的だったのです。

 実際に家事がはかどってストレスが軽くなるうえに、自由時間をもらっていたわけでは無いので育児を担当していた夫とフェアな家事シェアができたという気持ちになりました。

 魔法の言葉2:やられたらいやなことは何?

 妻から家事を頼まれるときに「これだけやってくれればいいから」と言われたことはありませんか?

 実はこの言葉には2つの問題点が潜んでいることがあります。

問題点1:依頼した妻自身が家事内容を“しくみ”に落とし込めていない(その時々でやることが違う)

問題点2:イレギュラーが起こりやすい家事である

 頼まれたとおりにやろうとすると、「あれ?言っていたことと違うな」とフリーズしてしまうのです。

 後になって「なんでやってくれなかったの?頼んだよね?」「これだけやればいいって言ったよね?」といった感謝とは程遠い言葉が返ってくることもあります。

 そこで、オススメの魔法の言葉がこちら。

「やられたらイヤなことは何?」と聞いておくのです。この言葉には「妻が困らないようにしたい」「やる気はあるよ」という意味が込められていて、言われた妻は誠実な気持ちで夫に伝えようとするでしょう。やることが多い場合は紙に手順を書こうとしてくれることもありますね。

魔法の言葉3:意外と時間がかかるんだね

 家事にストレスを感じるときにどんな反応をもらえたら嬉しいか?(平成29年ピクタス調べ)

 この調査で圧倒的に多かった回答は「共感してくれる」と「頑張りを褒めてもらう」の2つです。

 この2つをまとめて短く伝える魔法の言葉があるのでご紹介します。

 「意外と時間がかかるんだね」

 この言葉には「もっとラクだと勘違いしていた」「こんなに大変だと知った」「いつも頑張ってくれていたんだね」といった“共感”と“頑張りを褒める”の両方が込められています。

 比較的恥ずかしさも少ない言葉ですので、ぜひ積極的に使ってもらえたら、と思います。

今回は妻が喜ぶ魔法の言葉を3つお伝えしました。

 愛や感謝を直接言わずとも、それらを含んだ魔法の言葉を使うことで、妻のストレスは発散されるのです。参考になりましたら幸いです。



引用元:
【デキる男は住まいから】家事シェアしてもお互いイライラ? 妻が喜ぶ魔法の言葉でストレス軽減を (SamkeiBiz)