命に関わる病・がん。早期発見のために、医師たちはそのためにどんな検査を受けるのだろうか。医師専用コミュニティーサイト「MedPeer(メドピア)」の協力のもと、がん診療経験のある医師540人にアンケートを実施。さらに『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』の著者、近藤慎太郎医師にも取材し、最新のがん検診に迫った。

子宮にできるがんには、入り口にできる子宮頸がんと体部にできる子宮体がんがある。子宮体がんは早期発見が難しいが、入り口にできる子宮頸がんは婦人科診察で検査しやすい。

 子宮頸がんは、30〜40代と比較的若い女性に多い。20〜30代の発症も増えているという。

「子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)が関係していることがわかっていて、子宮頸がん患者の90%以上からHPVが検出されています」

 HPVの主な感染ルートは性交渉で、性交渉の開始とともに50〜80%の女性が感染するといわれている。感染しても90%以上の人はウイルスが自然に駆除されるが、感染が続くと、子宮頸がんが発症するリスクが上がってしまう。

 会社員の女性(38)の場合、子宮頸がんの検診は、会社の成人検診で配られる検査キットを使って行う。自分でやるより医師にやってもらったほうが確か、という記事を女性誌で読んだ記憶もあるが、「わざわざ行くのも億劫(おっくう)だし、自分でやってわかるならいい」という考えだ。

 医師にやってもらう、あるいは自分でやる細胞診が、これまで子宮がん検診では一般的だった。細胞診で子宮頸がんの死亡率が60%下がるとも報告されている。

 だが、子宮頸がんの検診方法は、世界的に転機を迎えている。

「細胞診に代わって、HPVのDNAなどを調べるHPV検査が主流になりつつあります。HPV検査も細胞診同様、子宮頸部から採った細胞を使います。HPVに感染しているかをチェックして、HPV陽性のグループだけに精密検査を行うという考え方です。オランダの大規模な臨床試験ではHPV検査単独で十分という結果も報告され、オランダ、イタリア、イギリス、オーストラリアなどではHPV検査単独の検診を取り入れつつあります」(近藤医師)

医師ももちろん、HPV検査の有用性を意識しているようだ。アンケートによると、細胞診のみを選択したのは26%に過ぎず、細胞診とHPV検査の併用が70%を占めた。

 HPVの持続感染自体を減らすには、どうしたらよいのか。

「残念ながら、すでに感染したHPVを駆除する薬はありません。ワクチンの接種でHPVによる子宮頸がんの事前病変を90%以上予防できると考えられており、世界では07年頃から導入が始まっていますが、日本ではワクチンを接種する人は1%以下に留まっています」

 女性のがんの中で、罹患者数が最も多いのが乳がんだ。がん情報サービスによると、乳がんの新規罹患数は、年間7万人を超える。死亡者数も17年でがんの中で5位と、増加傾向にある。キャスターの小林麻央さん、漫画家のさくらももこさんなど闘病した有名人も多い。

 乳がんはほかのがんに比べ少し特殊だ。通常、がんのリスクは加齢とともに上がるが、女性ホルモンと関係する乳がんは40代後半でピークを迎え、閉経後リスクは下がる。つまり、注意すべきは30〜40代の女性だという。

 現在都内で子育て中の女性(35)は小林麻央さんの訃報に接し、自治体の乳がん検診を受けるようになった。内容はマンモグラフィー(乳房エックス線検査)と視触診だ。

「マンモは痛いと聞いて不安でしたが、我慢できないほどではないので。異常なしとわかって、安心できました」

 だが、このマンモグラフィーには弱点がある。

「乳腺濃度が高い場合、マンモグラフィーではがんが見つけにくく、病変を見逃してしまう可能性があります。そして、アジア人の若い女性は一般的に乳腺濃度が高いといわれています。ですから、乳腺エコー(乳房超音波検査)を併用するのが望ましいのです」(近藤医師)

 乳腺エコーは、乳房に超音波を当ててがんの有無をチェックするというもの。マンモグラフィーとエコーを併用で、40代の女性の早期の乳がんの検出率が上がったという報告もある。

 医師アンケートでも、マンモグラフィー単独は16%に留まったが、乳房超音波検査の併用は65%にのぼった。

 ただし、乳がんになりやすい家系の人は、別の注意が必要だという。

「まれに遺伝子変異を起こしやすい家系の人がいます。そうした人は胸部CT同様、CTによる被曝リスクも考慮して、エコーだけにするのが望ましいかもしれません。親族に乳がんに罹患した人がいるならば、検査前に相談してみてください」

 乳がんになりやすい家系?

「BRCA1、BRCA2という遺伝子に変異がある場合、乳がんになる可能性が非常に高いといわれています。アンジェリーナ・ジョリーさんがその家系にあたり、予防として乳房切除に踏み切り、話題になりました」

(編集部・熊澤志保)

引用元:
「乳がん検診」なら医師の多数派は「マンモグラフィー&エコー検査の併用を」(AERA dot.)