風疹の大流行が続いています。昨年から今年1月中旬までに風疹に感染した人は3000人を超え、厚労省は子供の頃に定期接種の機会がなかった39〜46歳の男性を対象に抗体検査とワクチン接種を3年間原則無料にすることを決めています。

 ここ数年、日本で風疹が流行している一因としては、アジア内でのコミュニケーションが増えたことが挙げられるでしょう。アジアには風疹などの感染症が蔓延している国がたくさんあります。そうしたアジア各国から日本にやって来る人が増えたり、逆に日本からそうした国に行く人も多くなったことで、日本人だけの社会ではコントロールできていた風疹が日本に侵入する機会が増えたのです。

 この先、外国人の就労を増やすなどした場合、同時にそうした古くて新たに流行する感染症の問題を日本にもたらすかもしれません。ここ数年の風疹の流行は、ひとつの警鐘として捉えておくべきでしょう。

風疹と心臓疾患の関わりにおいて、最も注意しなければならないのが妊娠初期の女性の感染です。ワクチン接種歴がなく免疫がない妊娠初期の母親が風疹にかかると、風疹ウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風疹症候群(CRS)と呼ばれる先天性の障害を引き起こすケースがあるのです。

 とりわけ、妊娠3カ月以内の胎生期、胎児の器官が形成される時期に感染すると器官の形成不全を起こしやすくなります。中でも、心臓や循環器に大きな影響を及ぼし、動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症といった心臓疾患を合併しやすくなるのです。こうした心臓疾患は、軽度であれば自然治癒する場合もありますが、手術が可能になった時点で治療を行うケースも少なくありません。

 先天性風疹症候群の怖いところは、母親の風疹感染が見過ごされやすい点にあります。風疹は「明らかに風疹です」といったきつい症状が表れないことが多く、風邪の延長といった感じの患者さんもいます。発熱しても38度5分くらいで、発疹の程度も麻疹(はしか)のようにひどくないため、1日、2日休んで安静にしていれば乗り切れてしまう場合があります。そういう患者さんが妊娠してると危ないので、とりわけ注意が必要です。

■再感染した人は要注意

 心臓疾患を抱えている人が風疹にかかるケースもあります。ただ、ウイルス自体が心臓に悪さをする危険はほとんどありません。風疹の症状が脱水を招いたり、血圧や心拍数をアップさせたりすることで、心臓に余計な負担がかかってしまう場合もありますが、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

 むしろ、風疹にかかって持病が悪化するのではないかを心配するよりも、風疹の裏に何か大きな病気が隠れていないかを気にすることの方が重要かもしれません。風疹に一度かかった人は終生免疫を獲得して、再び風疹に感染することはまずありません。かつて、そうしたウイルス性疾患にかかっているのに、高齢になって再び感染した場合、終生免疫を弱めてしまうような病気がバックグラウンドにあるケースがあるのです。肺がんや大腸がんのように進行しないと症状が出にくいがんがその原因になっている場合もありますから注意しましょう。

心臓の手術を控えていた患者さんが風疹にかかってしまった場合は、合併症を起こすリスクがアップするので手術は延期します。風疹に限らず、感染症がアクティブな時期に手術を行うことはせず、必ず感染症が治まるのを待ってからあらためて手術を行います。これまで、患者さんがインフルエンザやヘルペスにかかって手術を延期したことはありましたが、風疹は今のところありません。

 もちろん、入院患者には風疹の感染予防についての注意喚起は行っていますし、病院のスタッフにもワクチン接種をしてもらっているので、そうしたケースが急激に増えることもないでしょう。

 風疹以外では、手足口病やヘルパンギーナ(水疱性口峡炎)などを起こすコクサッキーウイルスに感染すると特発性心筋炎を起こしやすいといったデータは報告されています。ただ、それほど症例が多いわけではないので、いたずらに不安を抱く必要はありません。

引用元:
妊婦が風疹にかかると胎児に心臓疾患が起こりやすくなる(日刊ゲンダイ)