埼玉県の医療機関で1月下旬、男児1人が先天性風疹症候群(CRS)と診断されたことが、同県などへの取材で分かった。昨年夏から風疹が流行しているが、母親のおなかの中で感染し、赤ちゃんに白内障や難聴、心臓病などの症状が出るCRSが報告されたのは、2014年秋以来だ。

 妊婦が妊娠20週頃までに風疹にかかると、赤ちゃんが胎内で感染し、CRSとなる可能性が高い。1万7000人近い患者が出た12〜13年の大流行では、45人のCRSが確認され、このうち11人が亡くなった。

 同県によると、男児はCRSの症状があり、血液検査で、母親が妊娠中に風疹に感染したことが分かった。

 風疹は18年夏から首都圏を中心に増え始め、同年は2917人の患者が報告された。今年も1月20日までで207人に上っている。


引用元:
男児1人が先天性風疹症に、胎内で感染…14年以来 (読売新聞)