原因はパルボウイルス ほっぺたが真っ赤っかに



リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病
画像の拡大

 本稿執筆時点で東北や関東地方など東日本で流行しているのが、リンゴ病です。リンゴ病というのは、まあ、俗称で、医学的には伝染性紅斑と言います。紅斑というのは、皮膚が赤くなること。伝染性とは、うつること。感染症により、両方のほっぺたが真っ赤っかになるので、伝染性紅斑という病名なのですが、そのほっぺがリンゴのように赤いから、「リンゴ病」というわけです。伝染性紅斑はお世辞にも覚えやすい病名とは言えず、まあ面白くもおかしくもない名前です。それにひきかえ、リンゴ病とは、うまい名前を思いついたものですね(ぼくは昔から「正確な」医学用語とかに興味がない派なのです)。

 さて、リンゴ病という名前は 可愛かわい らしいのですが、この感染症は名前ほど可愛くはありません。

 感染症なので病原体がいるのですが、名前をパルボウイルスB19といいます。変な名前ですね。B19があるのだから、A5とかC9とかありそうですが、そういうものはなく、パルボウイルスB19だけが人に病気を起こすパルボウイルスです。このB19というのは実験で使っていたサンプルの名前で、パネルBの19番目のサンプルから見つかったのでこういう名前になったのです。へーんなの(Heegaard ED, Brown KE. Human Parvovirus B19. Clin Microbiol Rev. 2002 Jul;15(3):485-505)。見つかったのは1974年といいますから、比較的新発見、新顔のウイルスです。

子どもがかかりやすく、多くは自然に治る 

 リンゴ病の好発年齢は4、5歳。幼稚園児から学童くらいによく発症します。風邪っぽい症状とともにほっぺたが真っ赤っかになります。多くの場合は自然に治る軽い病気で済んでしまいます。

 パルボウイルスに対する効果的なワクチンはありませんし、治療薬もありません。ほっぺが赤くなる前が感染期間で、赤いほっぺのときは他人に感染することもありません。 学校保健安全法でも登校基準はありますが、ほっぺが赤くなってリンゴ病かあ、と分かったときはもう感染性はなくなっていて学校を休む必要もないので、事実上、学校保健安全法を心配する必要はありません 。

 ただし、この感染症は大人にも起きることがあります。特に女性で症状がはっきりすることが多くて、特徴はあちこちが痛くなる関節痛と、関節が腫れ上がる関節炎です。皮膚のほうは大人でははっきりしない薄い赤みが体のあちこちに見られます。「 刷毛はけ ではいたような」というくらい、境界のはっきりしない薄い皮疹で、研修医はよく見逃しています(ま、この感染症を知らないとベテランでも見逃しますが)。

大人の症状は、高齢女性に多い「巨細胞性動脈炎」に似ることも

 ご高齢の女性に多い病気に巨細胞性動脈炎という病気があります。側頭動脈炎とも呼ばれ、熱とか頭痛などの体が痛む病気です。これは感染症ではなく自己免疫疾患という、自分の免疫機能が自分を攻撃する病気なのです。が、大人で起きるパルボウイルスB19感染の症状は、この巨細胞性動脈炎の症状によく似ていることがあるのです。

 「ばあさんが全身痛がっていたら巨細胞性動脈炎(あるいは、その類縁疾患)、おばさんが全身痛がっていたら、パルボ」というのは、研修医にこっそり教える、わりと役に立つ診断の秘密ですが、とても患者さんには言えないよね(言ってるけど)。ジョークと研修医教育はキワドイほうが効果的なのです、マジで。

すごい貧血による心不全も 妊婦感染で赤ちゃん死亡のリスク



id=20181226-027-OYTEI50011,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true
画像の拡大

 さて、パルボウイルスの問題はこれだけにとどまりません。このウイルス感染で、ときにものすごい貧血が起きることがあるのです。貧血とは、フラフラっと立ちくらみがして……ってやつではありません。一般社会でよく誤解されているのですが、血液の中の赤血球が少なくなるのが貧血です。

 貧血がひどくなると酸素を運ぶことができなくなり、呼吸が苦しくなります。心臓ががんばって少ない酸素を運ぼうと頑張るので、心不全になることもあります。

 そして妊婦さんがパルボウイルス感染で貧血を起こすと、お 腹なか のなかの赤ちゃんの酸素が足りなくなり、赤ちゃんが心不全になったり死亡したりするリスクがあるのです。

予防法も治療法もなし 早期診断が一番大事

 妊婦というのは本当に感染症対策が難しく、妊娠中にかからないほうがよい感染症がたくさんあるのです。風疹 然しか り、梅毒然り、海外のジカウイルスもそうですし、パルボウイルスもまたそうなのです。

 というわけで、パルボウイルスとリンゴ病。たいていは自然に治る軽い感染症ですが、ときに結構やばい感染症です。残念ながら風疹と違って予防法がなく、梅毒と違って治療法がないパルボウイルス感染症。でも、早期診断をして貧血の治療(輸血など)をすれば患者や子どもの生命を守ることも可能です。感染症はやはり、きちんと診断するのが一番大事なのです。(岩田健太郎 感染症内科医)


引用元:
リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病(ヨミドクター)