「出産」という大仕事を終えた身体は、妊娠前と比べて体形だけでなく体質も変わってくるなど、さまざまなトラブルが起こります。そんなトラブルの1つである「頻尿」に悩まされているママから相談を受けました。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたのでしょうか。

ママからの相談:「産後の頻尿について」

出産前は半日トイレに行かないことが普通でした。コーヒーや紅茶などのカフェイン入りの飲みものを飲んですぐにトイレとなる主人を見て、そんなに?と思っていました。しかし、出産したらトイレに行った後に残尿感があったり、行ったばかりなのにすぐに尿意を感じたりします。頻尿とは無縁だと思っていたのに、外出先でトイレを見つけると行かないと落ち着かないようになってしまいました。また、以前は尿意を感じてから1時間我慢することも楽にできましたが、産後はそれが難しくなりました。トイレに行きたいと思ってからでは遅いという感覚になり、余計に気になっている感じもします。出産前のような感覚を取り戻すことはできるのでしょうか。 (30代・女性)
そもそも、なぜ産後に尿漏れや頻尿といった排尿障害が起こるのでしょうか

産後間もなく〜数ヶ月間の排尿障害が起こる仕組みについて、教えていただきました。
出産後に尿閉(尿が溜まっていて尿意があるのに排尿できない状態)・尿漏れ・残尿感・頻尿などの排尿障害が起こることはよくありますが、ホルモンバランスの変化に伴うものや骨盤底筋の緩みによるものがあります。(看護師)
産後は骨盤内にある多くの臓器を支える骨盤底筋群という筋肉が緩みます。骨盤底筋群は膀胱や尿道を支えており、この筋肉が弱ると尿道が緩んで頻尿や尿漏れなどが起こりやすくなります。産後から尿に関するトラブルが起きていることから、骨盤底筋群の緩みが影響している可能性が高いと思われます。(看護師)
排尿障害を改善するにはどのような方法があるのでしょうか

まずは骨盤のゆるみを直して、排尿トラブルを改善する方法があるようです。
産後のに骨盤底筋運動は行ったことはあるでしょうか?骨盤底筋を鍛えるためにストレッチや下半身の運動などを行ってください。立ったままでも、座っている時でも、肛門をきゅっと引き締めることを数回行ってください。(看護師)
骨盤底筋体操(キーゲル体操)をすることで、骨盤底筋が鍛えられ改善することもありますので試してみるのも良いと思います。(看護師)
排尿障害は「骨盤底筋群の緩み」以外の理由が潜んでいることも

ときには膀胱炎などのトラブルが潜んでいる場合も考えられます。
下半身を冷やさないようにし、尿意を感じたら我慢せず、しっかり排尿してください。尿意が気になるからと、水分を控えるのはよくありません。水分はしっかりとってください。排尿時に痛みを感じたり・血尿が出る・産後半年以上経っても改善しないようでしたら、出産した産科か泌尿器科を受診してください。(看護師)
質問者さんの場合、残尿感や尿意切迫感から膀胱がいわゆる知覚過敏状態となっている過活動膀胱や慢性的な膀胱炎といった病気が潜んでいる可能性も考えられるので、腎泌尿器科のあるクリニックや病院で一度見てもらっても良いかもしれないです。(看護師)
産後5年たっていてこの状態であれば、泌尿器科受診をおすすめします。一度、専門家に診てもらった方が良いと思います。(看護師)

産後ママは赤ちゃんのお世話を優先してしまうので、ついつい自分自身をおろそかにしてしまいがちです。体操などもあるようですが、質問者様は、産後の頻尿などの症状が長期間続いていているようですので、まずは専門機関を受診されることをおすすめします。一日でも早く改善がみられることを祈っております。

引用元:
産後、残尿感や頻尿が…出産前のように戻る?|専門家の見解(cozre)