20〜30代で出産未経験の働く女性、約3000人を対象に調査を実施したところ、約500kcalも摂取エネルギーが不足していることが分かった。さらに、尿中の活性酸素の量が多く、いわゆる「サビ率」が高い結果も。肩凝り、冷え症、月経不順などの不調を抱えている実態も浮き彫りになったという。

東京、名古屋、大阪、京都、札幌などの大都市で、いつか赤ちゃんが欲しいと願う働く女性を対象に健康診断や栄養カウンセリングなどの「保健室」を実施する一般社団法人ラブテリ。そのラブテリが、2014年から4年間に保健室の参加者である20〜30代で出産未経験の働く女性約3000人を対象に栄養や食事の実態調査を行った。

 調査の結果では、摂取エネルギーが約500kcalも不足し、肩凝り、冷え症、月経不順などの不調を抱える働き女子の実態が浮き彫りになった。2018年10月のヘルシー・マザリング・プロジェクト第1回研究会でラブテリ代表理事の細川モモさんが講演した内容を2回に分けてリポートする。

●「仕事に追われる」毎日で、栄養不足、運動不足、睡眠不足の3重苦に

 「働く女性は仕事で多忙な日々の中で栄養不足、運動不足、睡眠不足の3重苦に陥っています。2014〜16年に東京・丸の内で20代〜30代の働く女性1000人を対象に実施した調査では、1日の平均エネルギー摂取量は1479kcal。推奨栄養量より約500kcalも不足し、働く女性の栄養失調は深刻です。飽食の時代でありながら、終戦直後ないしは戦時中をも下回っている彼女たちは、『新型栄養失調』になっている。そして痩せ過ぎている女性が増えています」と話す細川さん。働く女性たちは、フルパワーで長時間働きながら、少しのエネルギーでしのいでいるのが現状なのだ。

 「就業時間が長くなるほど朝食の欠食率が高まるという結果が出ていますが、その背景には、一食抜いて痩せてきれいでいられるならいいのではないかという、ゆがんだ認識があります」――細川さんは、そう指摘する。

 ラブテリは、東京・丸の内の「まるのうち保健室」、名古屋市では「名駅保健室」、大阪では「梅田保健室」など、働く女性の保健室という位置付けの場を設け、そこで体組成計、ヘモグロビン、骨量の測定や食事内容の調査などを行うとともに、食事・生活改善のアドバイスを実施している。調査はその参加者を対象にしたもの。

 調査から分かったのは、20代〜30代の女性がカロリー不足になっている最大の要因が朝食抜きだということ。朝食欠食率は東京・丸の内で働く東京女子が36%、名古屋市で働く東海女子が28%、大阪市では38%、京都市で29%、札幌市で44%だった。朝食を食べている女性の割合が比較的高い名古屋市と京都市では親との同居が多く、欠食率が高い東京・丸の内、大阪市、札幌市は一人暮らしが多かった。

 「働く女性の朝食欠食率はエリアによる差がありますが、仕事をしていない人も含めた一般女性の約2倍。残業時間が長いほど、朝食欠食率が高くなります。朝食を取らない理由を聞いてみると、身支度が優先であることや疲れているので長く寝ていたいから。朝食を食べないほうが健康にいいと思っている人もいました」と細川さん。

●9割以上の女性がビタミンB1不足

 さらに問題なのは、摂取エネルギーだけではなく、健康の維持に必要な多くの栄養素が不足していることだ。

 「日本は明治時代に、ビタミンB1欠乏症である『かっけ』で多くの死者を出しました。それにもかかわらず、20代〜30代の女性で最も不足していた栄養素がビタミンB1です。ビタミンB1の欠乏が、むくみ、エネルギー不足、うつ傾向、しびれといったさまざまな不調の一因になっている可能性もあります。また、睡眠の質を高めることが分かっている食物繊維もほとんどの女性が必要な量を摂取できていません。調査対象になった女性たちの9割は、いずれ赤ちゃんを産みたいと考えているにもかかわらず、おなかのなかで赤ちゃんを育てるときに不可欠なミネラルも不足しています。カルシウムは91%、鉄分は92%が不足していて、健康な血液や骨を保っていくのが難しい状況になっています」(細川さん)

●20代なのに、体の「サビ率」は50代レベル

 慢性的な栄養失調によって、約4割の女性が、400mlの献血ができない状態(ヘモグロビン値12.5g/dl以下)になっていた。また、「まるのうち保健室」に参加した20代〜50代までの女性459人の尿中の活性酸素の量(サビ率)を測定したところ、本来は女性ホルモンの抗酸化力に守られ最も低くなるはずの20代の平均が50代とほぼ同じ数値だった。

 「体内の活性酸素が多くてサビ率が高い20代女性は、ラーメンが好きで野菜の摂取量が少ない傾向が見られました。逆に、サビ率が低い人は、抗酸化効果のある緑黄色野菜をたくさん食べていました。活性酸素の量は、加齢によっても増えるとされますが、食事の内容に影響されるのです。労働時間が長くなればなるほど増えるものは、酒、焼き肉、ハンバーグ、揚げ物。忙しく働く20〜40代の女性は体内の酸化が進み、老化が早まる可能性が高く、妊娠機能への影響が懸念されます」と細川さんは話した。

●栄養不足がプチ不調や無月経、月経不順に直結

 一方、睡眠不足も深刻だ。20代〜30代の働く女性の睡眠時間は、5〜6時間の人が多く睡眠満足度も低かった。睡眠の満足度が低い人の多くは、健康上の悩みとして「精神的なアップダウン」を挙げていたという。

 東京・まるのうち保健室での調査では、20代〜30代だというのに3割もの人が、寝たきり予備軍のロコモティブシンドローム(運動器症候群)になっていた。ロコモティブシンドロームとは、歩行や運動する機能が衰え、将来的に要介護になるリスクが高い状態だ。

 1日の大半は座っていて活動量が最低の「活動量レベル1」の人は、大阪では39.6%、東京では59.5%にも上っていた。

 このように、栄養不足、睡眠不足、運動不足の3重苦に陥った働く女性に共通するのは、「プチ不調」を抱えていること。プチ不調を多い順に並べると、1位・肩凝り、2位・冷え症、3位・むくみ、4位・疲れが取れない、5位・肌荒れ、6位・腰痛/精神的アップダウン/便秘、9位・頭痛、10位・風邪を引きやすい――となった。

 「一人の女性がいろいろな症状に悩まされています。また、エネルギーや必要な栄養素の不足で痩せると、無月経になることがあります。なんと、働く女性の5人に1人が、過去に3カ月間生理が止まったことがある無月経を経験しているのです。無月経を経験している女性は卵巣機能が低下し、赤ちゃんができにくい状態になっている可能性もあります。

 また、『月経痛がある』と答えている女性は7割にも達します。出産未経験の女性は子宮頸管が硬く、内腔が狭いために凝血が通過する際に腹痛などの痛みを感じやすいことが分かっていますが、骨盤内の血液のうっ血を改善するのに入浴が有効であり、月経痛のひどい人とほぼない人では、入浴習慣に大きな違いがありました。BMIが低いほど血液循環を悪くさせる冷えの度合いが高まるという報告もあるため(※1)、不健康な痩せはQOLを低下させてしまいます」と細川さん。

 こうしたプチ不調は、仕事のパフォーマンスにも影響があると多くの女性が実感しており、仕事面からも、今すぐ生活を見直す必要がありそうだ。

(※1) 大和孝子、 青峰正裕:総合健診30(6):575-580(2003)

文/福島安紀

<この人に聞きました>
◆細川モモ
予防医療コンサルタント
東京とNY在住の医師・栄養士・料理研究家による予防医療プロジェクト「Luvtelli Tokyo&NewYork」代表理事。米国で最新の栄養学を学び、International Nutrition Supplement Adviserの資格を取得。2014年、三菱地所と共同で東京・丸の内に「まるのうち保健室」を立ち上げ、名古屋、大阪、札幌、京都でも働く女性のための保健室を展開。働く女性に対する健康相談・啓発、実態調査を行っている。

◆ヘルシー・マザリング・プロジェクトとは
将来、赤ちゃんが欲しいと思っている人に、「転ばぬ先の杖」として知っておいてほしい大切な情報を伝え、若い女性の栄養問題など、現状の問題点を解決する方法を提案していくプロジェクトです。

引用元:
現代女性は「栄養失調で痩せ過ぎで体がサビている」(日経ウーマンオンライン)