長野県白馬村は3日、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で、妊娠中や出産後の悩みを産婦人科医、助産師に無料相談できるサービス「産婦人科オンライン」を始めた。村は「産後うつなどが社会問題になる中、気軽に相談できる仕組みが必要」としている。

 サービスは予約制。平日午後6〜10時の間の10分間、LINEのメッセージチャットや音声通話、動画通話で、産婦人科医や助産師に相談できる。妊娠中の自身の体調や胎児に関すること、出産後の心身の悩みなど、幅広く受け付ける。

 利用するには、村民専用のホームページでの登録などが必要。診療行為ではなく、診断や処方はできない。

 IT関連会社「キッズパブリック」(東京都千代田区)が運営し、村は本年度分の事業費138万円を計上した。

 村教育委員会子育て支援課は「村には産婦人科を備えた医療機関がない。安心して子どもを産め、子育てできる環境を少しでも整えたい」と話している。


引用元:
産婦人科ない村、LINEで「悩み」無料相談 (読売新聞)