目次
・育児中のひとり時間、「必要ない」は0%!
・まとまった自由時間の確保が難しい
・あたり前にある日常の生活が欲しい
・「自分の時間」何したい?
・ひとり時間は欲しい。でも子どもを預けるのが不安…!
・まとまったひとり時間を作るには?

ウーマンエキサイトで人気連載中のおにぎり2525さんの記事「夫婦の自由時間の割合は?…我が家の場合」では、忙しい子育て中では自由時間を作ることが難しいけれど、ストレスをためないためにも自分ひとりの時間を持つことが大事だと描かれていました。



自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは 

夫婦の自由時間の割合は?…我が家の場合

息子が生まれてから、息子中心の生活を送ってきました。特に生まれたばかりの頃は、自分の時間なんてなかったように思えます。とにかく…


実際には、子育て中にゆっくり自分ひとりの時間を確保するためには、さまざまな壁がありそうです。でも、まったく自由時間がない状態が続けば、だれだって息がつまってしまいます。

では、子育て世帯のみなさんは自由時間(自分時間)についてどのように考えているのでしょうか? 実施したアンケートにたくさんの回答が寄せられました。


■育児中のひとり時間、「必要ない」は0%!
自由時間(自分時間)が必要だと思うかという質問には、9割以上の人が「すごく必要だと思う」と回答。「必要がない」と答えた人は0%で、「あまり必要がない」と答えた人も1%とごく少数でした。

この結果から、子育てをしているほとんどすべての人が、自分ひとりだけで過ごす時間を必要としていることがわかります。


Q1. 自由時間(自分時間)は必要ですか?
すごく必要だと思う 91%
やや必要だと思う 8%
あまり必要がない 1%
必要がない 0%

Q2. 自由時間(自分時間)は、どのぐらい必要ですか?
毎日1〜3時間 33%
週に1〜2回半日 32%
月に1〜2回丸1日 29%
年に数回、何日かまとめて欲しい 3%
その他 3%


「自由時間(自分時間)は、どのぐらい必要ですか?」という質問に対する回答は、バラバラになるという結果になりました。

ただ、「毎日1〜3時間」、「週に1〜2回半日」、「月に1〜2回丸1日」と回答した人がそれぞれ3割ずつで、ほとんどの子育て中の人が、自分ひとりの時間を定期的に作りたいと考えていることがわかります。


■まとまった自由時間の確保が難しい
ほとんどの人がひとり時間を欲していることがわかりましたが、では、実際に確保できている人はどのくらいいるのでしょうか?

Q3. 実際、自由時間(自分時間)は、どのぐらい取れていますか?
毎日1〜3時間 26%
週に1〜2回半日 13%
月に1〜2回丸1日 10%
年に数回、何日かまとめて取れている 3%
取れていない 32%
その他 16%

なんともっとも多かったのは、「自由時間が取れていない」とした人の32%、次いで「毎日1〜3時間」という26%という結論になりました。

「週に1〜2回半日」の自由時間が欲しいと回答した人が32%だったのに対して、実際に取れている人は半数以下の13%。そして、「月に1〜2回丸1日」の自由時間を確保できている人は、欲しいと答えている29%からもっと減り、10%に。とくに長めの自由時間の確保には、パートナー(夫)やほかの家族の協力が必要となってきて、その予定を合わせないといけないことから、ハードルの高さを感じている人が多いのかもしれません。


■あたり前にある日常の生活が欲しい
自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは
イラスト:おにぎり2525

子どもが小さいうちは、夜でも赤ちゃんが泣いたらおむつ、授乳、抱っこと寝る時間もありません。またゆっくりした食事も難しいというより、完食すらもできないときがあります。少し大きくなると、今度は後追いが始まり、食事の用意も、トイレすらもできないことも。

「自由時間が取れない」と答えた人のなかには、こんな状況の人がおそらく多いのではないでしょうか。寄せられたコメントからも「とにかく寝たい」「睡眠」と書かれた人が多く、自由時間を楽しむより先に、普通の生活を望む声が聞かれました。

一分一秒誰にも邪魔されず、自分の好きに行動したい。(睡眠含む)


睡眠、運動、なににも邪魔されずに家事を遂行する


誰にも邪魔されない状況で寝たい。もしくは食事をしたい

あたり前のようにある日常の風景すらも、子育て中にはとても夢のように感じる願いとなります。

「自由時間がなさすぎるせいか、たまに自由時間を過ごしても満足せず、何をしたら満足感が得られるのかわからなくなった」という悲しいコメントも。やらなければいけないこと、いつでも気にかかる子どもの存在に気を取られるうちに、自分という芯が薄くなってきてしまうのかもしれません。…

■「自分の時間」何したい?
多くの「睡眠」「食事」といった生きる上でも最低限必要な願いから、もう少しひとり時間を楽しむための願いも聞かれました。

ひとり時間で必要と思う時間。毎日少しずつでも自分ひとりの時間が欲しいと考えるか、回数が少なくなっても良いから1日中ひとりを楽しみたいと考えるか…。この考え方の違いは、「ひとり時間になにをしたいと思うか?」の違いとも言えるかもしれません。

たとえば、寄せられた回答を見てみても、「ひとり時間にしたい」と思っていることはさまざまでした。

3歳、1歳の母です。 時間があったら、夜出かけたい 、飲みにいきたい、ぼんやりしたい 。 自分メンテナンスにエステやジムで運動、ゆっくり美容院(いつもは時間を気にしてカラーカットしかできないのでトリートメントまで希望)がしたいです。とにかく1人になりたいよー!


どうしても子どものことが気になってしまうので、自由時間の間は、まったく気にしない自分になりたいです! それができたら、友人とゆっくりランチしておしゃべりして、飲みに行って朝までカラオケしたいです。


読書とブログを書くことです。子どもを見ながらの読書だと、本のおなじページを何度も読んでたりして…苦笑


好きな映画やドラマを観ながら好きなご飯やお菓子をたべたい。

自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは
©naka - stock.adobe.com

映画や買い物、美容院に出かけたい人の場合は自由時間が1〜2時間では少なすぎますよね。でも、毎日少しでもいいからドラマを見たり読書したりする時間が欲しいという人も。おなじ子育て中だといえども、ひとり時間の楽しみ方はいろいろなんですね。

「子どものことを気にしない自分」になれないと、ひとり時間が楽しめないというのは、日々子育てをがんばっている証拠で微笑ましい反面、それができないからこそのジレンマでもあります。


■ひとり時間は欲しい。でも子どもを預けるのが不安…!
自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは
© taka - stock.adobe.com

また、ひとりの時間がほしくても「いつも自分が子どもを見ているから、ほかの人に預けるのが不安」という意見もありました。


誰もいない部屋でこころゆくまで眠り、1人でお風呂に気のすむまで入り、できたてのご飯を必要なときに必要な分だけ熱いうちに食べたい。しかし、自分の子どもたちへのお世話をわりと完ぺきと思える形でしているので、人に預けると不安。


子どもを預けて、時間制限なく寝たい。目覚めたら二度寝したい。子どもが同じ屋根の下にいると、夫に見ていてもらっていても不安で眠れない…。


ショッピングや映画を見たい。ゆっくりお茶したい。いろいろあるけど、やっぱり子どもが気になるし、旦那さんに預けても「大丈夫かな? 泣いてないかな?」と心配。

筆者もこれに近いものを感じた覚えがあります。いま思えば、産後の「ガルガル期」と呼ばれるものだったのかもしれませんが、夫であろうと、子どもを預けるのを不安に思っていた時期がありました。

またなかには、「やりたいこといっぱいあるけど、自由に動ける時間があっても子どものこと気になっちゃう」という人も。「自由時間が欲しい」と思いつつ、子どものことが気になってしまったり、一人で過ごす時間に罪悪感を持ってしまったり。子育て中に、のびのびとひとりの時間を作ることには、心の問題もあるようです。

だからといって、大人1人だけで子育てをするのは難しいのも現実。それに、ずっとひとりの時間がない状態が続くと、キャパオーバーの状態になってしまうこともあるかもしれません。


■まとまったひとり時間を作るには?
「ひとり時間ができたら何をしたいか」という質問には、買い物や映画に行きたいというコメント以外にも、「たまった家事を片付けてすっきりしたい」「夫とディナーにいきたい」「とにかくひとりでぼーっとしたい」などのさまざまな意見が寄せられていました。

もし毎日1〜3時間の自由時間が取れていたとしても、子どもが産まれるまでの圧倒的な自由時間に比べたら、少なく感じてしまうのは当然のこと。そして短い時間しかないと思えば思うほど、やりたいことも増えてきて、自由時間が少ないと感じてしまうこともあるでしょう。

育児、仕事、家事と、毎日やらなければいけないことはたくさん。それはパートナーも同じ状況で、まとまった自由時間を確保する難しさがアンケート結果にも現れています。たとえば子どもの昼寝の時間すらも「たまった家事をやらないといけない」と考えてしまい、たった少しの時間も自由に使えていない模様。

自分の時間も家族との時間も大切にできるようにするためには、パートナーや家族と話し合って、それぞれの家庭にあった時間の使い方を考えてみることも大事なように思います。すぐにパートナーに子どもを1日お願いすることは厳しくても、子どもとパートナーだけで過ごす時間をまずは作ることから始めて、それを少しずつ伸ばしていったりすれば、お互いに不安が取り除けるかもしれません。

また「子育てを完ぺきにやらなければ」と自分を追い詰めてしまうのではなく、少し手抜きをするぐらいの気持ちがあってもいいように思えます。たとえばベビーシッタ―、地域のサービス、食材の宅配サービスなどもときには利用しながら、時間を作るというのもひとつの手かもしれません。

子どもが大きくなっていくと、自然に自由時間も増えていきます。でも、「自由時間」というのは、ぜいたくなモノでも、その時間を確保することを“いま”我慢する必要もないと思います。なぜならその時間を大切に過ごせれば、おそらく育児も仕事もがんばれる力がわいてくるはずですから。
自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは
©west_photo - stock.adobe.com


Q1. 自由時間(自分時間)は必要ですか?
回答数:1691
Q2. 自由時間(自分時間)は、どのぐらい必要ですか?
回答数:1691
Q3. 実際、自由時間(自分時間)は、どのぐらい取れていますか?
回答数:1690
Q4. 自由時間(自分時間)があったら一番したいことは何ですか?
回答数:909
アンケート集計期間:2018/7/10〜10/18

引用元:
自由時間欲しいはずなのに、楽しめない!? 育児中、本当にしたいことは(ウーマンエキサイト)