中国人研究者が、ゲノム編集技術で遺伝子改変した受精卵から双子を出産させたと報告した問題で、同技術にかかわる研究の国内4学会は4日、人間の受精卵を使った同技術の臨床応用を禁止すべきだとする声明をまとめ、連名で発表した。4学会は2016年4月にも同様の提言を発表しており、今回は改めて立場を明確にした形だ。中国人研究者の報告内容の真偽は現時点では明らかではない。

学会は、日本遺伝子細胞治療学会、日本人類遺伝学会、日本産科婦人科学会、日本生殖医学会。

 声明では、同技術を「生命科学の研究には今や不可欠」としつつも、「現時点で発展途上の技術であり、予期しない結果を生じる可能性がある」と位置付けた。人間の受精卵に臨床応用する研究は「遺伝子改変の影響が世代を超えて継続する。人類の多様性や進化に影響するような重大な事態につながることが懸念される」と指摘した。


引用元:
ゲノム編集ベビー「禁止」…研究の4学会が声明(読売新聞)