妊に悩む夫婦が第三者から精子や卵子などの提供を受けて出産した子が将来、遺伝上の親を知る「出自を知る権利」についてアンケートしたところ、回答の半数近くが認める考えを持っていることが、東京大の研究チームの意識調査で判明した。米科学誌プロスワンで発表した。


 日本では第三者を介する生殖補助医療に関する法的規制が存在せず、一部の医療機関や団体によって既成事実が先行している


引用元:
46%容認 第三者精子・卵子の子 東大調査(毎日新聞)