便利なスマホだけど「スマホに子守をさせるなんて」と、時々噴出するスマホ子育児に対するバッシング。スマホだけに頼るよりも、別の方法も知っておいた方がいいかも知れません。


スマホ育児はなぜ叩かれる?


目次
・スマホ育児はなぜ叩かれる?
・スマホ以外の方法を考えよう

スマホ育児にブーイング、ではスマホを使わず子どもを静かにさせる方法って?
引用:公益社団法人日本小児科医会

スマホ育児は良くない、とよく言われます。その理由は、小さい子がスマホをいじっている姿がどうも感覚的に受け付けない、というだけではないようです。
2013年に日本小児科医会は「スマホに育児をさせないで」というポスターを掲出しました。小児科の待合室などで見たことがある方もいるかも知れませんね。(引用)
【○】赤ちゃんと目と目を合わせ、語りかけることで赤ちゃんの安心感と親子の愛着が育まれます。
【○】親子が同じものに向き合って過ごす絵本の読み聞かせは、親子が共に育つ大切な時間です。
【○】散歩や外遊びなどで親と一緒に過ごすことは子どもの体力・運動能力そして五感や共感力を育みます。
小児科の先生方がこう仰るのは、立場上必要なことなのだと思います。そして内容も正しいことだと思います。しかし、けれど、何と言うか、私はこれを見るたびに、正直けっこうムカつくんです……そんなこと、いちいち言われなくたって百も承知。そうした方がいいのは分かりきっているけれど、できない事情があるからスマホに頼るんでしょうが……ということがまったく理解してもらえていない。一方的に責められているようながします。

それに、NHKの番組によると、スマホがはっきり発育に影響するという科学的根拠はまだありません。
昔はテレビに子守をさせるのがいけないという批判がありました。漫画を読むと頭が悪くなるなんて言われた時代がありました。子どもにパソコンはダメだなんて言われていたのに、今や小学校でプログラミング必修化です。スマホより以前には、ケータイでワンセグ動画を見せるのは良くないというケータイ育児バッシングがありました。
新しいものは迫害される、歴史は繰り返す。今のスマホバッシングって、実はそれだけのことなんじゃないかな、と私は思っています。


スマホ以外の方法を考えよう

スマホ育児にブーイング、ではスマホを使わず子どもを静かにさせる方法って?
外野の意見に振り回されず、スマホ育児したい人は(ただし視力影響しないように配慮しながら)好きなだけ知育アプリ使わせYoutubeを見せればいいと私は思うんですが…そう思わない人たちは少なくないですよね。スマホ育児をバッシングする人の意見偏見はなかなか変わりません。…
本当はこうなんだよ!と訴えて変えるために戦うことも大事かも知れませんが、子育て中は、戦わず表面上は合わせるといった柔軟性があった方が生きやすいでしょう。
それにスマホって、必ずしも常に使えるわけじゃないじゃないですか。出先でバッテリーがなくなりかけたり、そもそも子どもが飽きてしまったりということもありますし。スマホとそれ以外の方法の合わせ技で行くのが現実的かも知れませんね。
そういうわけで、前置きが長くなりましたが、スマホ以外の子どもを静かにさせる方法について色々考えてみました。
お絵かき・ぬりえ定番中の定番ですが、お絵かきやぬりえは用意しておくと安心です。お出かけ用にワンセット作っておくといいですよ。折り紙正方形の紙であれば何でも折り紙になります。また折り紙の用紙でもお絵かきやシール遊びにも使えますね。シール貼り市販のシール帳もいいですが、シール代わりにかわいい絵のついたマスキングテープもおすすめです。だまりっこ競争道具も何もなし。先に喋った方が負けという勝負を子どもとしてみるのも楽しいですよ。本を読む黙って本が読める年齢ならば読書の時間にするのがいいでしょう。勉強をする小学生なら宿題を終わらせてしまうのがベストです。未就学児でも知育ドリルなどはかなり時間をつぶせます。プチプチつぶし荷造りに使う緩衝材のプチプチをつぶすという暇つぶし、未体験の子どもには新鮮ではまるかも知れません。実況中継「向こうからトラックが来ました」「電線がずっと続いています」など、電車やバスなどで窓から見えるものをひとつひとつ言葉にします。ボキャブラリーを増やすことにも繋がります。ハンカチ人形・てぶくろ人形身の回りのものをおもちゃに見立てる「見立て遊び」は子どもの想像力を伸ばします。ハンカチでバナナを作って「はいどうぞ」と食べるふりをするだけでもけっこう間が持ちます。読み聞かせ小さな絵本を持っていって、小さな声で読み聞かせします。読み聞かせは寝る前だけと決まっているわけではないんですよね。あやとり道具も少なく音も出ないあやとりは、時間つぶしとしてはかなり優秀なアイテムです。その他しりとり、手遊び、あっち向いてホイなど、他にもさまざまな方法がありますね。

すでに実践している方法もあるかと思いますが、「あ、これは気が付かなかった」という方法があれば、今度のお出かけの時にでもぜひお試しください。ところで、ちょっと話はそれますが、子どもにスマホを使わせないための一番の方法は「親が子どもの前で使わないこと」…
本当はこうなんだよ!と訴えて変えるために戦うことも大事かも知れませんが、子育て中は、戦わず表面上は合わせるといった柔軟性があった方が生きやすいでしょう。
それにスマホって、必ずしも常に使えるわけじゃないじゃないですか。出先でバッテリーがなくなりかけたり、そもそも子どもが飽きてしまったりということもありますし。スマホとそれ以外の方法の合わせ技で行くのが現実的かも知れませんね。
そういうわけで、前置きが長くなりましたが、スマホ以外の子どもを静かにさせる方法について色々考えてみました。
お絵かき・ぬりえ定番中の定番ですが、お絵かきやぬりえは用意しておくと安心です。お出かけ用にワンセット作っておくといいですよ。折り紙正方形の紙であれば何でも折り紙になります。また折り紙の用紙でもお絵かきやシール遊びにも使えますね。シール貼り市販のシール帳もいいですが、シール代わりにかわいい絵のついたマスキングテープもおすすめです。だまりっこ競争道具も何もなし。先に喋った方が負けという勝負を子どもとしてみるのも楽しいですよ。本を読む黙って本が読める年齢ならば読書の時間にするのがいいでしょう。勉強をする小学生なら宿題を終わらせてしまうのがベストです。未就学児でも知育ドリルなどはかなり時間をつぶせます。プチプチつぶし荷造りに使う緩衝材のプチプチをつぶすという暇つぶし、未体験の子どもには新鮮ではまるかも知れません。実況中継「向こうからトラックが来ました」「電線がずっと続いています」など、電車やバスなどで窓から見えるものをひとつひとつ言葉にします。ボキャブラリーを増やすことにも繋がります。ハンカチ人形・てぶくろ人形身の回りのものをおもちゃに見立てる「見立て遊び」は子どもの想像力を伸ばします。ハンカチでバナナを作って「はいどうぞ」と食べるふりをするだけでもけっこう間が持ちます。読み聞かせ小さな絵本を持っていって、小さな声で読み聞かせします。読み聞かせは寝る前だけと決まっているわけではないんですよね。あやとり道具も少なく音も出ないあやとりは、時間つぶしとしてはかなり優秀なアイテムです。その他しりとり、手遊び、あっち向いてホイなど、他にもさまざまな方法がありますね。

すでに実践している方法もあるかと思いますが、「あ、これは気が付かなかった」という方法があれば、今度のお出かけの時にでもぜひお試しください。ところで、ちょっと話はそれますが、子どもにスマホを使わせないための一番の方法は「親が子どもの前で使わないこと」…
です。子どもにスマホを触らせたくないという方は、子どもの前でスマホを出さないを徹底してみるといいかも知れませんよ。



引用元:
スマホ育児にブーイング、ではスマホを使わず子どもを静かにさせる方法って?(ウーマンエキサイト)