「この前、夫が会社で受けた定期健康診断の結果が届いたんです」。苦笑交じりに語るのは、神奈川県に住む専業主婦の太田美保さん(45才・仮名)だ。

「ちょっとメタボ気味なだけで、他は異常なしだったからホッとしたのもつかの間、ふと『そういえば私、最後に検診を受けたのはいつだっけ』と…。調べてみると、出産を機に会社を辞めた10年前でした。これまで大きな病気にかからなかったからいいけれど、日々の生活に追われて自分の体のことはすっかり忘れていました」

 太田さんのように、長期にわたって検診を受けていない女性は多い。厚生労働省が2016年に行った「国民生活基礎調査」によれば、女性の受診率は男性よりも低い。

 胃がん検診を例にとると、男性が46.4%受診しているのに対し、女性は35.6%に留まっている。女性がかかりやすいとされる大腸がんの検診率も男性が44.5%に対し、女性は38.5%と、大きく下回っている。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが分析する。

「専業主婦やパートタイマーとして働く女性たちは会社員のように半ば強制的に定期健康診断を受ける機会がない。そのうえ、休日など関係なく押し寄せる家事や育児などに追われているうち、つい後回しにしてしまうという傾向が見られます」

 しかし、後回しにした結果、取り返しのつかないことになるケースもある。2017年に乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)は生前、「半年後に受けること」と言われていた検診を先延ばしにした結果、わきのリンパ節に転移した状態で乳がんが見つかった。

 自分のためにも家族のためにも、自主的に検診を受ける必要がある。しかしいざ受けようと人間ドックのパンフレットをめくれば、数多の検診メニューが並んでいて、選ぶのもひと苦労だ。

「それらすべてを受ける必要はありません。『病気の症状が出てきてから受ける検査』と、『異常がなくても定期的に行う検査=検診』は大きく違います。検査は、病気の疑いがあれば基本的にどれでも受けるべきですが、検診の場合は受けることのメリットが、デメリットを上回る場合のみ受けるべきです」(室井さん)

 メリットは病気が発見できることや、体の状態を知ることで生活習慣を改善できることが挙げられる。一方、デメリットは、検診によって体に負担がかかったり、誤診によって受ける必要のない治療を受けなければならなくなったりすることがある。

さらに検診にはお金もかかる。人間ドックの予約サイト『人間ドックのここカラダ』が2018年に行った調査によれば、2017年度の婦人科検診における平均受診予算は1万800円。

「CTスキャンや、がんのPET検診などをつければそこに数万円プラスされる。検診は健康保険の適用外ですから、全額自己負担。かなりの出費になります」(室井さん)

 たとえ自治体の検診であったとしても、無料で受けられるのは一部の年齢とメニューだけ。金銭面から考えても、取捨選択が求められるのだ。では、一体どの検診を受けるべきか。

◆貧血で手術を受けると死亡リスクが

【血圧】
 専門家の意見が「受けるべき」と一致したのは、血圧測定だ。亀田ファミリークリニック館山院長の岡田唯男先生が言う。

「血圧測定は、検診時に伴う苦痛や副作用がないうえ、受けることで得られるメリットがかなり大きい。年齢に関係なく必須です」

 高血圧は放置すると動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるばかりか、腎臓疾患や眼底出血など重篤な結果を招くことにもつながる。血圧を把握することでそれらを予防することができるので、検診ではもちろん日常的にもこまめに測りたい。

【貧血検査】
 血圧とともに定期的に受けたいのが貧血検査だ。前出の室井さんによれば貧血は思わぬリスクを伴うという。

「アメリカの血液学会は『手術をする前に貧血治療が必要』と発表しており、貧血状態で手術を受けると合併症や死亡率を3〜4割も高めるとされます。血液検査で簡単にわかるため、世代を問わず受診を推奨します」

【乳がん検診】
 11人に1人がかかるとされる乳がんだが、代表的な検診は乳房専用のレントゲンである『マンモグラフィー検査』とエコーで乳腺の状態をみる『超音波検査』の2つ。

 国立がん研究センター検診研究部の中山富雄先生はマンモグラフィー検査をすすめる。

「検診の科学的な有効性が確認されている40代から75才くらいまでは2年に1回必ず受けることを推奨します」

 一方で、超音波検査には懐疑的だ。

「この検査が広く普及しているのは日本だけです。エコーでがんを見つけるのは医師個別の腕に左右されてしまうため、見落としも多い。乳腺外科など専門の医師によるものであれば精度に期待してもいいが、そうでない限りはあまり意味がないと思います」(中山先生)

 また、何より怖いのは、検診を受けて異常なしだったことに満足してセルフチェックを怠ることだ。

「月に1回程度、定期的に自分で触って形に異常がないか、しこりがないかをチェックして、たとえ検診を受けた直後だったとしても、少しでも違和感を覚えたら病院へ行ってください」(中山先生)

【大腸がん検診】
 乳がんと並んで女性がかかりやすい大腸がんは、「便潜血検査」を定期的に受けることで大きくリスクを減らせる。

 おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎先生が言う。

「便潜血検査は、いわゆる“検便”です。自分で便を採るだけの簡単かつ負担が少ない方法でがんを調べることができるため、40代以降の人は1年に1度は受けることをすすめます。がんのリスクが高まる50代になったら、並行して内視鏡検査を受けるという形が望ましい」

【胃がん検診】
 乳がんや大腸がんに比べれば罹患者は少ないが、胃がんも日本人女性のうち18人に1人がかかるといわれている。少しでもそのリスクを減らすためにはどんな検診を受けたらよいのか。大竹先生は「何よりもまずピロリ菌検査を」と言う。

「胃がんの99%はピロリ菌が影響しています。だからまずピロリ菌がいるかどうかを調べたうえで、リスクが高ければ胃カメラでの検診に移行するのが理想的です」

 大腸内視鏡や胃カメラの検査ががんのリスクを下げるとはいえ、「つらい」という悲鳴交じりの声が多く上がる。そこで、最近は、鎮静剤を使って半分眠ったような状態で受けられ、起き上がったときには苦しい検診がすべて終わっているという方法を提案するクリニックもある。しかし、前出の室井さんは警鐘を鳴らす。

「鎮静剤は体に負担がかかるうえ、認知症や窒息のリスクもある。その上、胃カメラで小さな腫瘍などが見つかっても、麻酔をかけられて意識がないためその場で本人の同意が得られず、摘出するのに二度手間ということにもなりかねない。なるべく通常の状態で受けることをすすめます」

【子宮頸がん検診】
 乳がんや胃がん、大腸がんの検診は基本的に30代以上を対象としているが、もっと下の世代から受診すべきがん検診もある。医療ジャーナリストの増田美加さんが言う。

「子宮の入り口部分に発生する子宮頸がんは20代30代の罹患者が多い。検診は20才から2年に1度、必ず受けてほしい」

 検診内容は、細胞診と呼ばれるもの。

「腟から小さなブラシを挿入し、子宮の入り口の細胞をこすり採ります。若くて出産経験がない人は緊張してしまいがちですが、通常は苦痛も負担も少ないため、ぜひ積極的に受診してください」(増田さん)

 一方、子宮本体に起きる子宮体がんは、自覚症状を感じてからの検査でよいという。

「不正出血があるなどの初期症状を見逃さずすぐに受診すれば早期のうちに発見することができるため、定期的な検診は必須とされていません」(増田さん)

引用元:
女性は検診受診率が低い、なんとしても受けるべき検査は?(女性セブン)