「あなたは赤ちゃんを生む前に、出生前診断を受けましたか?」

 こう質問すると、大多数の人が「私は受けていません」と答えるでしょう。しかし、それは正しくありません。出生前診断を受けていない妊婦は、ほとんどゼロです。なぜならば、だれでも胎児超音波(エコー)検査は受けているからです。

男か女か…も出生前診断の一つ

 胎児に対する超音波検査は、私が医師になった1987年には、すでに行われていました。しかし、当時の超音波検査は画像がきれいではなく、その役割はあまり大きくありませんでした。しかし、メーカーの開発競争が進み、超音波検査の解像度は飛躍的に向上していきました。

 産科の先生が胎児超音波検査を行う第一の理由は、胎児の病気を見つけるためではありません。赤ちゃんの発育状況、体の向き、羊水の量、胎盤の位置、そういった妊娠経過のすべての情報を集めるのです。

 胎児エコーで赤ちゃんの性別が分かることも多々あります。あらかじめ男女の別を知りたいというカップルも多くいますので、胎児エコーは医療者と家族をつなぐコミュニケーションのツールにもなります。お 腹なか の中で動く赤ちゃんをエコーの画像で見て、赤ちゃんへの愛を育んでいった経験のある人はたくさんいるのではないでしょうか。よく考えてみれば、男女の別を教えてもらうということも、出生前診断の一つと言えます。

見えてほしくないものまで見え…

 私が医師になって10年たった97年頃には、胎児エコーは相当精度が高くなりました。そうすると、ある意味で「見えてほしくないものまで見えてしまう」ということが起きるようになりました。

まず、産科の開業医が胎児エコーをし、何らかの病気の疑いがあると、妊婦を大学病院に送ります。大学の医師は、紹介を受けた以上、絶対に間違いがないよう、時間をかけ、目を凝らして胎児エコーをやります。異常がはっきりと分からないときは、われわれ小児外科医もエコーの場に呼ばれ、一緒に画像を見ました。

 この当時の産科の先生は、新生児外科疾患の治療の仕方や治療成績をあまり知りませんでした。病気を見つけ、小児外科医や小児循環器科医に連絡を取るのが精いっぱいでした。したがって、胎児の内臓に奇形があることが分かると、小児外科医が手術の説明や長期的な見通しを説明していました。

腹壁破裂の赤ちゃんを放置し、「死産」と告げた産科医

 今は、小児外科に関する知識が豊富な産科の先生が多くなりました。「手術によって病気がしっかり治る」ということを、産科の先生が認識しておくことは大変重要です。そうでなかった時代には、こんなことがありました。

 私が研修医だった頃、生後2日の腹壁破裂の赤ちゃんが大学病院に搬送されてきたことがありました。腹壁破裂とは、へその横に開いた穴から腸がすべて飛び出して生まれてくる先天奇形です。なぜ、この赤ちゃんは生後0日ではなく、2日目に大学に搬送されたのでしょうか? 実は、産院の先生が、赤ちゃんの姿を見て「絶対に助からない」と思い、両親に「死産だった」と告げたのです。

 赤ちゃんは、 分娩ぶんべん 室の片隅に放置されました。ところが、2日たっても泣き声を上げていたのです。産院の先生はびっくりして、赤ちゃんを大学に送ったのです。この赤ちゃんは手術を受けて助かりました。後遺症もありませんでした。

「よく分からないが、胆道に異常が…」

 超音波検査の精度がさらに上がっていった2000年前後は、出生前に病気と診断されていた赤ちゃんと、生まれてから外科疾患が判明するケースが相半ばしていました。過渡期だったわけです。過渡期ならではの悲しい出来事もありました。

 ある時、産科の先生から、「近日中に胎児エコーで赤ちゃんの異常がわかった母親が受診する予定なので、検査に立ち会ってほしい」と言われました。よくは分からないが、胆道に異常があるとのことでした。胆道閉鎖症や胆道拡張症なら、現在はエコーではっきりと分かります。しかし、2000年当時は、そこまでの診断が無理でした。「紹介してきた開業医の先生は、いったいどういう異常を見つけたのか」と私は 訝いぶか りました。

 ところが、その母親は結局、大学病院を受診しませんでした。「何か異常がある」と聞いて、人工妊娠中絶を選んでしまったのです。あいまいな情報で、親が不安になってしまったのです。

 現在も、こうした問題が100%解決されているとは言えません。しかし、産科の先生は毎週必ず小児外科の症例検討会議に参加し、どういう妊婦が入院していて、赤ちゃんはどういう状態かを教えてくれます。非常にうまく連携が取れています。

 以前は胎児のMRI検査を行うことがありましたが、現在は胎児エコーのみで十分です。つまり、それくらい検査器機の精度が上がっています。同様に、産科の先生の腕も上がっています


引用元:
胎児エコー検査は出生前診断だった 「何か異常」のあいまいな診断を悲観し、中絶を選んだ妊婦(読売新聞)