スペインの研究者らは4日、科学的な実験において若い男性にナッツ類を摂取させたところ、精子の数と質が「著しく」改善したと明らかにした。

 研究チームはこの結果について、「精子の質における習慣的なナッツ類摂取の有益な役割を裏付けるもの」とする一方、被験者は全員健康で、生殖能力があるとされる男性だったことを強調した。また、生殖能力に問題のある男性にナッツ類の摂取が有益かどうかはまだ実証されていないという。

 この実験では18〜35歳の男性119人を2つのグループに分け、1つ目のグループにはアーモンド、ヘーゼルナッツ、ウォルナッツを一般的な「欧米風」の食事に毎日60グラムかけて食べさせ、もう一方のグループにはナッツ類のない食事を取らせた。










 この実験を14週間続けた結果、ナッツ類を摂取していたグループの精子は男性の生殖能力と関連があるとされる「数、活力、動き、形に著しい改善があった」という。

 また、ナッツ類を摂取していたグループの被験者は男性不妊と密接に関連している精子DNA断片化の度合いが著しく減少していたという。

 この実験結果はオメガ3、ビタミンCやEのような抗酸化物質、セレン、亜鉛、葉酸が豊富な食事に着目した別の研究で確認された精子の改善とも一致しており、ナッツ類にはこれらの栄養素の多くが豊富に含まれている。

 実験結果の共著者であるロビラ・イ・ビルジリ大学(Rovira i Virgili University)のアルベルト・サラスフエトス(Albert Salas-Huetos)氏は、子どもを作りたいと願う男性は食事にナッツを取り入れたほうがいいとまではまだ言えないとしつつも、生活習慣を健康的なものに変えることは妊娠にいいことかもしれないと指摘した。


引用元:
精子の数と質、ナッツ類の摂取で「著しく改善」 研究(AFPBB News)