VRはゲームやエンターテインメント向けのものであるとする捉え方や、一時的な流行に過ぎないという意見がある一方、病院や大学ではVR技術を活用する動きが広がっています。例えばスタンフォード小児病院では、先天的な心疾患をビジュアル化し、理解しやすくするためにVRを使っています。

VRが活用されるのは手術や病気の時だけではありません。北欧の保険会社Gjensidige Insuranceは、出産体験のVR動画を制作しました。これから両親となる人たちに、出産とはどのようなものか理解を促す取り組みです。

VRは不安と戦う人の助けになる

このコンテンツ「Birthual Reality(「Birth:誕生」と「Virtual Reality」をかけた造語)」は、スウェーデンの大学病院で撮影されました。約10分間の360度動画は、出産を控えた若い夫婦が病院に到着するシーンから始まります。カメラは途中から妊婦の視線に切り替わり、出産の一部始終を映し出します。

BBストックホルム病院の助産師長Kristina Müller氏は、このようなVRコンテンツが「出産の際に何が起こるかを、人々に正しく理解してもらう力を持っている」と考えています。そしてこの「Birthual Reality」が、出産の準備に当たる不安を和らげることを期待しています。

医療機関や大学でVRの活用を進める結果、VRは不安と戦う患者の助けになる、という実証結果が増えてきています。


堷梡尦丗
VRで出産を理解し、不安を緩和 スウェーデンで活用広がる(Mogura VR)