福井県おおい町は6月6日、妊産婦の保険が適用される医療費を無料化する助成制度を設けると発表した。事業費を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を8日開会の定例町議会に提案し、早ければ8月にも運用を始める。町によると県内初の取り組みという。中塚寛町長は会見で「『子育て環境に優しい町』として町内外へアピールしていきたい」と述べた。

 同町はこれまで、第2子以降の保育料と中学生以下の医療費の無料化のほか、1歳から小学6年生までのインフルエンザ予防接種費の半額負担、不妊治療の年間30万円の助成など、子育てに関する支援事業に注力している。

 今回の対象は、母子手帳の交付を受けた妊婦と産後2カ月までの産婦で、風邪や帝王切開などによる保険適用の医療費や、入院中の食事代を全額補助する。保険適用とならない自然分娩(ぶんべん)出産は対象としない。

 町によると本年度の対象者は町内の約75人。予算案には166万円を計上、うち130万円を県の核燃料税交付金で賄う予定。

 今年3月の町長選で再選を果たした中塚町長は、公約に「子育て支援策を充実させ、転出を減らし移住を進める」と打ち出している。中塚町長は6日の定例会見で、今回の助成事業を「これまで一定の評価を頂いていた子育て支援策をさらに高めるための一つの方策だ」と説明した。

 また「産後の医療費など子育てに関する切れ目ない助成を行うことで、子育てに優しい町を内外へアピールしていきたい」とし、子育て世代の移住を促していくとした。


引用元:
妊婦・産婦の医療費を無料化へ 福井県おおい町、県内初の取り組み (福井新聞)