妊婦の血液から胎児の染色体異常の可能性を調べる新型出生前診断(NIPT)について日本産科婦人科学会(日産婦)は検査を実施できる医療機関を増やすため、施設要件の緩和など指針を見直す方針を固めた。現在ある程度大きな規模が必要な要件になっているが、無認可で検査する医療機関が出てきたため、要件を緩和して認定施設を増やし適切な検査を実施するよう指導を強化する。

引用元:
新型出生前診断 日産婦、拡大方針 無認可排除へ要件緩和(毎日新聞)