乳児用液体ミルクの国内販売が、今夏にも解禁される見通しになった。液体ミルクは常温で一定期間保存でき、湯で溶かして冷ます必要もない。粉ミルクより使いやすいと販売解禁を求める声が上がっていた。災害時の備蓄への利用や育児負担の軽減につながると期待される。

 12日にあった厚生労働省の専門家部会で、製造や保存方法の基準を盛り込んだ省令改正案を示し、了承された。内閣府の食品安全委員会による健康影響評価や一般からの意見公募を経て、夏にも省令が改正される見通し。

 国内では乳児用の基準は粉ミルクしかなく、液体ミルクを「乳児用」として販売できなかった。海外で流通する液体ミルクは、熊本地震の際に救援物資として届けられ、被災者の役に立った。

 部会では、業界団体が提出した試験データが示された。賞味期限を缶とレトルトパウチの容器で9〜12カ月、紙パックは6カ月と設定し、常温で保管して成分や衛生状態の変化を調査。食中毒の原因となる菌は確認されず、必要な栄養成分は残っていたという。

 解禁を求めてきた主婦の末永恵理さん(38)は「すごくうれしい。メーカーが液体ミルクを発売するよう『あったら使いたい』という声を発信していきたい」と話した。(福地慶太郎)


引用元:
液体ミルクの販売、今夏にも解禁へ 育児負担軽減に期待(朝日新聞)