医療法人南労会・紀和病院(橋本市岸上)が、乳がん診断に使う高性能の新型マンモグラフィーを放射線科に導入した。X線撮影した断層画像を三次元的に構成して再現でき、従来型の装置より鮮明な画像が得られる。がんの病変を発見しやすくなり、早期治療に役立つという。


 乳房内には母乳を分泌する乳腺が多数あり、日本人に多いとされる乳腺濃度の高い人の場合、X線画像の全体が白っぽく写り、正常な組織に隠れたわずかな病変の見分けが付きにくかった。新型装置の撮影で得られる高画質の断層画像をモニター画面で一つずつ確認することで病変の速やかな発見につながる。同法人が運営する紀和ブレスト(乳腺)センター(同市岸上)の梅村定司センター長は「乳がんは近年増えており、装置を使うことで発見率が高まる」と期待している


引用元:
乳がん診断 画像鮮明、早期治療へ 紀和病院に新装置 橋本 /和歌山(毎日新聞)