健康上の問題がなく日常生活を送れる「健康寿命」について、厚生労働省は9日、2016年は男性が72.14歳、女性は74.79歳だったと発表した。

 前回調査(13年)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。

 健康寿命は、同省が3年に1度行う国民生活基礎調査で、健康上の問題で日常生活に影響がないと答えた人の割合や、年齢別の人口などから算出している。

 都道府県別(地震のあった熊本を除く)では、健康寿命が最も長かったのは男性が山梨の73.21歳、女性は愛知の76.32歳。最短は男性が秋田71.21歳、女性は広島73.62歳だった。1位と最下位の自治体の差は男女ともに前回調査より縮小した。16年の平均寿命は、健康寿命と比べて男性は8.84年、女性は12.35年長く、その間は介護などの手助けが必要になる可能性がある。

 同省は「各地で食生活の改善などが進み、健康で暮らせる期間が長くなっている」と分析する。


引用元:
男性72・14歳、女性は74・79歳…「健康寿命」延びる(読売新聞(ヨミドクター))