生理痛を引き起こす可能性がある婦人科系疾患
.


朝にベッドから出たくなくなるほどのひどい生理痛に苛まれている女性もいる

朝にベッドから出たくなくなるほどのひどい生理痛に苛まれている女性もいる
.
多くの女性が抱える悩みの一つとして、「生理痛」があげられる。ひと言に生理痛と言っても、痛みの程度や痛む場所などは女性ごとに異なり、ひどい人になると朝にベッドから起き上がる動作すら苦痛に感じる。そんな状況下で仕事や家事をする困難さは相当なもので、月経期間の前後にQOLが大きく低下することは必至だ。

生理痛は客観的に数値化できないため、自分自身の痛みの程度が他人と比較してどれぐらいなのかを計ることは難しい。それでも、日常生活に著しい支障が出るほどの激しい痛みを感じるようならば、何らかの疾患が原因となっている可能性も考えられる。

今回は、産婦人科専門医の船曳美也子医師に生理痛がひどいときに疑われる病気について話をうかがった。

子宮内膜症の原因や特徴

今さら感はあるかもしれないが、まずはきちんと生理痛のメカニズムを把握しておこう。生理を迎えると、女性の体内の子宮内膜をつくる細い血管が収縮してはがれようとする。子宮が収縮し、はがれた内膜が膣へ押し出されることを生理と呼び、子宮内膜がはがれる際に生じる痛みが生理痛だ。

それでは、生理痛がひどいときに疑われる具体的な病気は何なのだろうか。船曳医師はまず、「子宮内膜症」を挙げた。

「子宮は洋なし型の筋肉で、内側に膜が付いています。月経時は内膜がはがれ落ち、この内膜の一部(子宮内膜様組織)が子宮以外の卵巣や骨盤内といった場所にできるのが子宮内膜症です。中でも、卵巣内に発生するものを『チョコレートのう胞』と呼びます。血液の成分が濃縮してチョコレートのように見えるからです。小さいのう胞だと無症状のことも多いですが、周囲の卵管や腸などと癒着すると痛みを強く感じます」

生理の度に鎮痛剤を飲まないといけないほどの痛みを伴う場合は、子宮内膜症の有無を婦人科でチェックしてもらうといいだろう。また、骨盤内にできる内膜症は「発見しづらく症状が強い」という特徴を持つ。他の理由の腹腔鏡手術で偶然、初期段階の子宮内膜症が発見されるケースも珍しくないという。

子宮腺筋症と子宮筋腫にも注意

次に疑われる疾患として子宮腺筋症と子宮筋腫があるという。前者は子宮内膜症と似ており、子宮内膜に似た子宮内膜様組織が子宮筋層内にでき、増殖することで発病する。子宮筋層内で周期的に増殖して出血するため、病気が進行すると子宮筋層が厚くなり、子宮が大きくなるという特徴がある。

子宮筋腫は女性ホルモンの一種・エストロゲンの働きによって発育する良性腫瘍だ。大小さまざまなサイズのこぶ状の塊ができる子宮筋腫は、婦人科腫瘍の中では最もポピュラーな存在で、無症状のことも多い。それでも、「場所やサイズにより、月経困難症を伴うこともあります」と船曳医師は警鐘を鳴らしており、注意が必要と言える。

病院の受診が必要かを判断する5つの目安
.

子宮内膜症や子宮腺筋症、そして子宮筋腫といった疾患が疑われる場合、一日でも早く婦人科を受診するのがよい。船曳医師に「診察を受けるべきか否か」をセルフジャッジするための目安をいくつか教えてもらったので、ひどい生理痛に悩んでいる女性は参考にしてみてほしい。


(1)薬を飲んでも痛みの程度が緩和しなくなってきている



(2)初経よりだんだん痛みが強くなる



(3)性交時に毎回、子宮の奥が痛む(いわゆる性交痛)



(4)月経時と月経時以外に左右の下腹痛が痛む



(5)月経量が増えた


「月経痛は、年齢とともに軽くなってくることが多いので、だんだん強くなっている場合は、他の原因があると考えられます。子宮内膜症や子宮筋腫はいったん発生すると自然には消えませんし、その部分が線維化して硬くなるので、生理以外のときも痛みが起きたり、性交痛が出たりします。さらに筋腫が大きくなって月経時にはがれる内膜の面積が増えると、月経量も多くなり過多月経につながります」

上記5つのうち、1つでも該当するようだったら、婦人科への受診を検討した方がよいだろう。


子宮内膜症や子宮筋腫の治療法

実際に内診や超音波検査を経て、子宮内膜症あるいは子宮筋腫と診断された場合、治療は症状だけを抑える対症療法と病巣そのものをなくす根治療法を選ぶことになる。どちらを選択するかは、「症状の程度」「年齢」「子どもが現在いる、または将来子どもを望む」などを総合的に勘案して決めることになる。

対症療法は、鎮痛剤やピルでの症状緩和を目的とする。ピルは排卵を抑制し、子宮内膜を薄くするため、月経量も減って治療効果も現れる。妊娠を希望するまでの長期にわたり、投与するケースもある。

一方の根治療法は、ホルモン剤治療か手術を用いて行う。月経を止めれば症状が軽快するため、期間を限定してホルモン剤で月経を止める。症状が重度の場合は、手術が提案されるとのこと。

「注意しないといけないのは、排卵し女性ホルモンが出る限り、子宮内膜症や子宮筋腫の再発はありえます。治療に際しては、長期のプランを医師と相談するのがよいでしょう」

独りで悩まずに相談を

生理痛を我慢すると不妊につながる恐れもある。生理は子どもを授かるために不可欠な現象ではあるが、その生理のせいで妊娠しづらい体になってしまう――。残念ながら、そのような悲劇が起きる可能性はゼロではない。

生理痛や過多月経、PMSなどはナイーブなテーマだけに、同性への相談にも二の足を踏んでいる女性もいることだろう。ただ、独りで悩みを抱えているだけでは、事態が好転するとは考えにくい。しかるべき医療機関でしかるべき診察・治療を経て、少しでも生理とうまく付き合っていけるようにしてみてほしい。

※写真と本文は関係ありません


取材協力: 船曳美也子(フナビキ・ミヤコ)



.
1983年 神戸大学文学部心理学科卒業、1991年 兵庫医科大学卒業。産婦人科専門医、生殖医療専門医。肥満医学会会員。医療法人オーク会勤務。不妊治療を中心に現場で多くの女性の悩みに耳を傾け、肥満による不妊と出産のリスク回避のために考案したオーク式ダイエットは一般的なダイエット法としても人気を高める。自らも2度目の結婚、43歳で妊娠、出産という経験を持つ。2014年、健康な女性の凍結卵子による妊娠に成功。出産に至ったのは国内初とされる。著書に、「婚活」「妊活」など女性の人生の描き方を提案する著書「女性の人生ゲームで勝つ方法」(2013年、主婦の友社)、女性の身体について正しい知識を知ってもらえるよう執筆した「あなたも知らない女のカラダ―希望を叶える性の話」(2017年、講談社)がある。En女医会にも所属している。


En女医会とは
150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加している会。さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。En女医会HPはこちら。



※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。


引用元:
生理痛がひどいときに疑われる病気を産婦人科医が解説 (マイナビニュース)