ロック・シンガーのダイアモンド☆ユカイ(55)が20日、埼玉県川越市の県立川越工業高の教壇に立った。しかも男子生徒を前に教えたのは何と男性の不妊治療についてだった。

 ユカイは現在、不妊への理解を広めるための埼玉こうのとり大使を務めている。自身も男性不妊治療を受けて、3人の子供を授かっている。

 ユカイは男子高校生を前に「女性の大事な人生の時間を無駄にしないためにも、男性も男性不妊があることを知って、検査を受ける勇気をもってもらいたい。今の時代、無精子症と診断されても子供を授かる可能性もある。まだ皆さんは高校生だけれども、将来訪れる時に思い出してほしい」と呼びかけた。


引用元:
ダイアモンド☆ユカイが高校生に男性不妊症授業「検査受ける勇気をもって」 (ZAKZAK)