待機児童問題の解消に向け、東京都は2019年度末までに保育サービスの定員を7万人分増やす方針を固めた。

 今年度を含め、毎年度1万7000〜1万8000人分の定員を増やす。今年度当初の目標値は1万2000人分の増加で、大きく上方修正する。小池百合子知事の就任後、待機児童問題を巡り長期的な数値目標を定めるのは初めて。

 今年4月1日現在の都内の待機児童数は8466人で、都道府県別で最も多い。都は昨年度、認可・認証保育所や小規模保育施設など、保育サービスの定員を前年度比で1万4192人分増やし、計26万1705人分確保した。しかし、定員の増加分を上回るペースで共働き世帯も増え、待機児童は逆に652人増加した。


引用元:
東京都、保育定員を7万人増…19年度末までに (読売新聞)