靴下を履いていると、靴下がビショビショになる程の勢いで自分の足を舐めている赤ちゃんをよくみます。

赤ちゃんは、なんで自分の足を舐めているの? と不思議に思うママも多いことでしょう。

今回は、赤ちゃんが足をなめる理由についてお伝えします。
赤ちゃんが足をなめる時期と理由

shutterstock_71342287
source:https://www.shutterstock.com/

赤ちゃんの成長にもよりますが、5〜7ヶ月くらいになり、寝返りやハイハイをして動き回るころに舐め始める子が多いようです。

今までは、手を振り回して触れたものに興味を持っていた赤ちゃんですが、この頃になると、目で見えたものに手を伸ばし、気になったもの、動いているものに近づこうとしたり、触れようとします。

また、手は自分のものと認識していて、物を持つ手を変えたり、つまんだりと器用になっていますが、足はまだ自分のものと認識できていない月齢。

そんな足を、バタバタと動かしていたら、たまたま視界に入り、それを捕まえ口に“ぱくっ”と入れ、「これはなんだ?」と確認しているのが、足をなめている赤ちゃんの心境だそうです。

赤ちゃんは、手やおへそ、髪の毛、洋服など、常に触ったり舐めたりしていますが、足舐めの仕草はたまたまそこにあったもの、視界に入ったものを、「なんだろう?」と確かめている“ハンド(フット)リガード”のようなものと考えられています。



足なめをしない赤ちゃん

shutterstock_426403768
source:https://www.shutterstock.com/

赤ちゃんがしている“足を持って舐める”という行為を実際行ってみると、

(1)首を自分で支えられる

(2)腹筋で足を引き上げられる

(3)柔軟性

この3つが必要なことがわかります。

できない赤ちゃんがいるのは、まだ運動機能が追いついていないか、体が硬めの赤ちゃんなのかもしれないですね。

焦らなくても、気づくとするようになっていますのであまり神経質にならないようにしましょう。
可愛すぎッ!「足なめ赤ちゃんショット」3選

どの赤ちゃんも将来フィギュアスケーターの才能ありかも!? とすら思わせてくれる身体のやわらかさで器用に足なめをしています。

(1)バランス感覚が最高の赤ちゃん(@02matty02さん)

ashiname03
source:https://www.instagram.com/

こちらの赤ちゃん、左足を下にして足なめをしています。

足なめの体勢だけでも大変なのに、横だけで体を支えています。その筋力と身体のやわらかさに感心!



(2)足にチュッ(@sayaka.m.skyさん)

ashiname01
source:https://www.instagram.com/

こちらの赤ちゃんは、足にチュッチュッをしているようにも見えますが、必死に練習をしているようです。

足の指を離さないように頑張っているようにも見えて可愛らしいですね。



(3)バッチリカメラ目線でなめなめ〜(@dafuxiaosiさん)

ashiname02
source:https://www.instagram.com/

カメラ目線で、足なめの楽しさを伝えてくれている赤ちゃん。

こんな真剣に足なめされたら、止められません。

いかがでしたか?

筆者にベビーマッサージを教えてくれた助産師さんによれば、

「赤ちゃんが、足なめ行為をすることは、手と足の感覚を高める役割をします。無理がない程度に、手と足をタッチしてあげるといいですよ」



“おててとあんよ、ターーーッチ”といって、触れさせてあげたり、足を自分のものと認識できるようにママが擦ってあげるのもいいようです。



成長の過程なので、思う存分、足なめをさせてあげましょう!


引用元:
「これなんだ?」赤ちゃんが足をなめる驚きの理由&激かわフォト(It Mama)