様々な細胞や組織になる能力がある胚性幹細胞(ES細胞)から、精子のもとになる「精子幹細胞」を体外で作製することにマウスの実験で初めて成功したと、京都大の斎藤通紀教授のチームが13日までに米科学誌電子版に発表した。

 この精子幹細胞から精子ができることも確かめた。成果は精子形成の仕組み解明に役立つため、不妊などの原因究明につながるという


引用元:
ES細胞から精子のもと作製 京大、マウス使い (日本経済新聞‎ )