用事があってお出かけをしなければならない時、パパに預けたりすることはありますか?

ママとしては、パパがちゃんと子守りができるのか、不安かと思います。

実際、パパは子守りをする上で、どんなことに困り、どんなことを不安に感じているものなんでしょうか?

そこで今回は、2歳児のパパである筆者が、“パパが子守りをするときに困っていること”について紹介します。
パパは「自分にだってできる」なんて考えている!

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

筆者も妻が外出をして1人で子守りをした経験が何度かあります。

実際に子守りをする前は、「別に問題もなく余裕でできるだろう」なんて思っていましたが、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

特に、娘がまだおっぱいを飲んでいたときは、1度泣き出したらおっぱいを飲まないと泣き止まないような状態だったので、かなり悪戦苦闘!

卒乳してからも、まだまだ大変なことはたくさんありました。



パパ1人の子守りでの「困った!」

ママとしては、自分ほどはできなくても、数時間の子どもの世話くらい何も言わなくてもちゃんとやって欲しいですよね。

でも、ママにとっては些細なことにパパは躓くんです。

まず、1番困ったのが“食事”。筆者は普段から全く料理をしないので、子どもにお腹がすいたと言われても、簡単にササッと何かを作れたりしません。

しかも、子どもの様子を見ながら料理をするなんて、パパにはとてもできません!

また、「どこに何があるのかがわからない」という点にも、よく困ってしまいます。

子どもを連れて公園に行こうとしても、子どもの着替えの場所がよくわからないため、クローゼットを引っくり返すようなことになってしまった、なんてことも……。

普段から、パパには“物の場所”を覚えてもらってくださいね。
パパに問題なく子守りをしてもらうには

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

パパがちゃんと子守りができないと、ママも安心してお出かけできないし、何より困ってしまうのは子どもです。

パパに問題なく子守りをしてもらうためにも、次のような用意をしてあげてください。

(1)ご飯の用意

少し面倒だとは思いますが、ママがいない間の料理は、できる限り作っておいてください。

子どものおやつも含め、食べ物は用意しておいてもらえると、かなり有り難いです。



(2)着替えの用意

洋服に関しても、汚れてしまった場合の着替え分も含めて、2パターンほど用意しておいてくれると非常に助かります。

どこに置いておくのか、忘れず教えておいてあげてくださいね。



(3)もしもの時のための用意

また、何かあったときの念のためにも、母子手帳や保険証、子ども用の薬の置き場所などは、ちゃんとパパに教えておくべきでしょう。

ただ、“いざというとき”はいつ来るか分からないので、普段からちゃんと教えてあげておくことも重要です。



いかがでしたか?

育児でストレスを溜め込んでしまわないためにも、ママも時には「ひとりの時間」を持って、外で楽しんだりすることが必要です。

そのためにも、パパがちゃんと子守をできるように、ママが教育してあげてくださいね。


引用元:
ママ、これだけは…!パパが子守りする時「用意して欲しいもの」3つ(It Mama)