イタリアにて、妊娠後期に20kgも太ったとあるプレママは、「ダイエットまではいかなくても、食べる量をもっと減らせ」と担当医にきつく叱られ、落ち込んでいました。

「食べても太らない、美味しいものはないのかしら」とグチをこぼしているその姿は、日本のプレママと同じ。

もちろん、そうはならないよう気をつけているプレママも多く、そのひとりから「産後太りを戻すのが大変だから、今のうちから食生活を管理しないとね」というセリフを聞いたときは、頭が下がる思いでした。

ここでは、食べる楽しみを維持しつつ、食生活をうまくコントロールしているイタリアのママたちが、産前産後に実践している「太り過ぎないためのコツ」についてご紹介します。


■その1. ゆでた大麦で食欲セーブ&効率よく食物繊維を摂取
細身で、身長175cmの知人女性が妊娠したときは、安定期に入ったころにひどいつわりがおさまり、その反動なのか食欲が倍増。

「無性にしょっぱいものが欲しくなって困った。塩味のスナックは常備、食事を作るときは必ずパスタを120gくらいゆでていた」というほど、気のむくままに食べていました。

そのためか、妊娠7ヶ月目に入ったころには12kgも太り、夫からも「太りすぎじゃない?」と心配されるほどだったそう。

その後、結婚指輪が指に食いこむようになったのがきっかけで、食生活を見直し始めたといいます。とくに効果があったのは、ゆでた大麦に塩とオリーブオイルをかけたシンプルサラダでした。

「粒が大きいから相当噛まないと飲み込めない。食事の最初に食べていたから、けっこうお腹がいっぱいになる。その後のおかずが少なくてすんで助かった」と、かなりの効果を感じたそうです。

豊富な食物繊維のおかげでお通じもよく、出産後、たったの3ヶ月間で体型が元に戻ったとか。…


引用元:
イタリアママ流! 妊娠中太り過ぎないための食欲コントロール術(ウーマンエキサイト‎)