厚生省の国家出生情報システムの統計によると、過去15年間に出生数は若干減少している一方、帝王切開手術による出生数は40%以上増加しているという。出生全体に占める自然分娩の割合も減少し、帝王世界の割合は2000年当時の38%から最近のデータでは57%に達している。フォーリャ紙が25日付で報じた。

 帝王切開の増加により、政府やこの分野の専門機関は、新生児の生命の危険を減らすために措置を講ずるようになっている。

 国家医療審議会(CFM)は先週、妊婦は帝王切開手術を選択する権利を持つが、妊娠39週未満の場合は胎児がまだ十分に成長していないため選択できないとする決定を発表した。

 14年に帝王切開で出生した新生児は170万人に達した。00年当時は120万人だったという。

 昨年の暫定データによると、160万人が帝王切開で出生しており、一昨年よりは減少しているものの、全てのデータが集計されればさらに増加する可能性があるという。

 サンパウロ州産科医協会のコルジオリ会長は、「30年以上前から(帝王切開の数が)増加している。これは長期にわたる問題であり、システムは限界に達しつつある」と述べている。

 同会長や他の専門家は、帝王切開が増加している要因として、自然分娩の痛みに対する恐れや、産科病棟のベッドや専門医の不足、医師の収入の低さ、そして妊婦への情報不足などを指摘している。

 国家補充医療福祉庁(ANS)のオリベイラ理事は、「医師達が帝王切開を行う予定を立てるようになり、病院側もそれに応じて自然分娩の場所を減らして新生児集中治療室を増やしたため、妊婦達は帝王切開手術を一つの医療技術と考えるようになっている」と説明する。

 同理事は、保健プラン加入者の場合は84・6%に達している状況はより深刻であるとの見方を示している。

 世界保健機関(WHO)は15年に、帝王切開の割合を分類する世界的なシステムの採用を勧めている。この分類を基にした場合、厚生省はブラジルにおける割合は25%〜30%の間になるだろうと推定している。

2016年6月30日付


引用元:
増加続く帝王切開 全体の50%超占める (サンパウロ新聞‎ )