株式会社ミキハウス
かわいいパフォーマンスに心が癒されます。

ミキハウスブランドのベビー&子ども服およびベビー用品の企画・販売を手掛ける三起商行株式会社(大阪府八尾市、代表取締役社長:木村 皓一)は、誕生の喜び、生命の力強さをテーマとした新CM「歓喜の歌」篇を、2016年6月3日(金)に公開したことを発表いたします。

[動画: http://www.youtube.com/watch?v=_PBFgDUN28Y ]

[画像1: http://prtimes.jp/i/3837/3/resize/d3837-3-217240-4.jpg ]

「笑って、泣いて、ミルクを飲んで、寝て。」まだひとりでは何もできないけれど、そうやって成長していく赤ちゃん。しかし、そこに存在してくれていることがただただ素晴らしい赤ちゃん。そんな彼らが発するのは、言葉にならないただの「声」ですが、その声が壮大な「ベートーベン交響曲第九番 歓喜の歌」を奏でることで、「キミたちは存在しているだけで素晴らしいんだよ」ということを表現しました。それはまた、両親と同じように、赤ちゃんを見守り育てている人たちと同じ想いで、「赤ちゃんのために、できることを全部」やります、というわたしたちの約束を表すCMとなっています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/3837/3/resize/d3837-3-945185-0.jpg ]

本作は、世界三大広告賞の一つであるワンショーでの受賞歴もある映像作家井上良氏と、『ボラギノール』の静止画CMシリーズを手がけたクリエイティブディレクター藤原秀平氏、ディーン・フジオカさん出演の『家事シェルジュ(ダスキン)』を手がけたプランナー皇甫相太氏という電通関西所属の両氏がタッグを組み、制作されました。

[画像3: http://prtimes.jp/i/3837/3/resize/d3837-3-909745-1.jpg ]

▼CMのストーリー
動画には、世界中から総勢39名の赤ちゃんが登場。人種や月齢関係なく、それぞれが本当にいとおしく、かわいらしく、見ているだけで思わず笑顔になる赤ちゃんたち。そんな赤ちゃんたちが発する『声』が徐々につながっていき、ベートーベンの交響曲第九番「歓喜の歌」が奏でられていきます。 赤ちゃんたちの集団パフォーマンスによる、驚きと感動は必見です。

[画像4: http://prtimes.jp/i/3837/3/resize/d3837-3-796293-2.jpg ]



引用元:
総勢39名の赤ちゃんが登場!絶妙なハーモニーを奏でる集団パフォーマンスに心が和む!ミキハウス最新CM「歓喜の歌」(産経news)