女性にとって、生理用品は毎月使う生活必需品。しかし、生理のときに出る経血を吸収処理するものという性質上、男性がいる前では話題にしづらいため、その必要性を正しく理解していない男性もいるようです。

また、女性の中にも、注意すべき点を怠って使っている人、これまでのナプキンやタンポン以外の選択肢が出てきていることを知らない人も少なくありません。この機会に、生理用品の基本をおさらいしておきましょう。

男女ともに生理用品の必要性を知ろう
生理用品は赤ちゃんにとってのオムツと同じで、女性にとってはなくてはならないもの。生理開始日から2〜3日目までの経血量は、男性が思っているよりは量が多いと言えるかもしれません。ですから、災害時のような緊急時であっても生理用品は必要不可欠で、なくてもどうにかなるというものではありません。

その必要性を実感できない男性も、日頃使っている女性もそのことを忘れず、災害時などに入手困難になることも念頭において、常に多めにストックしておくことを心がけておくとよいでしょう。

国内での主流はナプキンとタンポン
続いて、生理用品の種類を知っておきましょう。現在、日本国内で一般的に使われている生理用品には、主に次のようなものがあります。

・ナプキン
細長い形状をしたシートに吸水性ポリマーなどでできた吸水体を入れたもので、ショーツ(下着)に付けて使います。日本では、複数のメーカーからさまざまな形・タイプのナプキンが発売されているので、経血量や肌タイプ、生活スタイルに合わせて好みのものを選ぶことができます。もっとも手軽で、初潮を迎えたばかりの女子でも簡単に使える生理用品です。

・タンポン
タンポンは、経血を吸収する吸収体が入った棒のような生理用品。ヒモ付きで、腟に挿入して使います。日本製のものは、腟に入れやすいようにプラスチックのアプリケーターが付いたものがほとんど。体内で経血を吸収するので、ナプキンと違って漏れやずれを気にする必要がありません。

また、ナプキンの場合、経血を長時間そのままにするとムレや臭いの原因にもなりますが、体内で吸収するタンポンにはその心配がなく、快適に過ごせるのが魅力です。無理のない範囲ならスポーツも楽しめますし、プールにも入ることができます。ただし装着にコツが必要なので、自分の体の扱いに慣れた大人の女性に向いています。

.ショーツ型や肌に付けるタイプの生理用品も
最近では、前述の定番アイテム以外に、次のような生理用品も認識されつつあります。

・布ナプキン
コットンやリネンなどの布でできたナプキンです。紙製のナプキンは使い捨てですが、布ナプキンは繰り返し洗って使えます。紙製のナプキンでかぶれる敏感肌の人や、エコロジーへの関心が高い人に支持されています。

・ショーツ型ナプキン
ショーツの形をしたナプキンで、おむつのように全方位から吸収できるタイプ。通常のナプキンを付けているときは、経血がナプキンの横や後ろから漏れて下着や服を汚さないか気になるものですが、ショーツタイプのナプキンなら安心です。

・腟の入り口付近に直接貼り付けるタイプ
腟の入り口付近に薄いシートを貼り付けて使用します。このタイプの生理用品をナプキンにプラスして使うと、一定量の経血を腟口で受け止めて吸収してくれるため、経血量が多い日でもスリムタイプのナプキンで済みます。

・月経カップ
月経カップは、腟内に装着したカップに経血をためて使う海外製の生理用品。日本では認可されていませんが、欧米では何十年も前から浸透しているアイテムです。洗って繰り返し使えるため、経済的で、ナプキンより使い勝手がよいと感じる人もいるようです。ただしタンポン以上に出し入れが難しく、間違った使い方をするとトラブルを起こしやすいので注意したいところです。

.長時間の使用はトラブルのもと
最後に、生理用品の使い方の注意点についてもお話しておきましょう。まずナプキンは、種類や経血量に関わらず、夜寝ているとき以外は、2〜3時間に一度は交換するようにしてください。タンポンは、経血量に合わせて、4〜8時間に1回の交換が適切です。

最近では、吸収力の高い生理用品が増えていますが、漏れないからと言ってナプキンを長時間つけっぱなしにすると、雑菌が繁殖して、かゆみやかぶれ、外陰炎などを起こすことがあります。また、タンポンを長時間使用した場合は、バクテリアが生み出す毒素が原因で重症のインフルエンザと同じような症状が起きる「トキシックショック症候群」という重とくな病気にかかるリスクもあります。新しい生理用品を使うときは、必ず製品の説明書をよく読み、使用法を守りましょう。

なお、経血量が多くてナプキンを1時間に一度は交換しなければいけないような「過多月経」の人は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気になっている可能性も考えられます。現在使っている生理用品が合わないと感じるときは、婦人科の医師に相談してみることをおすすめします。



引用元:
災害時にも必要不可欠! 女性の必需品「生理用品」の基本(マイナビニュース)