赤ちゃんの脚の付け根の関節(股関節)がはずれる病気があります。かつては「先天性股関節脱臼」と呼ばれていましたが、ほとんどが生後に発生することから、現在は「発育性股関節形成不全」と呼ばれています。1970年代には出生数の2%前後の発生率でしたが、現在ではその10分の1以下に激減しています。

「弘前大学企画」はここから

 ゆるみのある赤ちゃんの股関節が生後数カ月の間に育児習慣によってはずれていくのが原因と言われています。女の子や逆子で生まれた子、家族に股関節が悪い人がいる場合に多いことが知られ、寒い地域や、秋冬に生まれた子にも多いといわれています。

 診断が遅れると治療が非常に難しくなるため、早期の診断が重要です。生後3〜4カ月の乳児健診で、股関節の開きが悪くないかどうかチェックされます。

 健診で股関節の異常が指摘された赤ちゃんには整形外科で2次検診(専門医師による詳しい検査と診断)を受けてもらい、股関節の診察やX線検査、超音波検査で診断を行います。2次検診を勧められた場合は、必ず整形外科を受診するようにして下さい。

 乳児期に診断された場合、「リーメンビューゲル装具」というひも型の装具で治療します。この装具で整復(脱臼が元の形に戻ること)が得られない場合には、入院しておもりで脚を引っ張る牽引(けんいん)療法を行います。股関節の脱臼はリーメンビューゲル装具で80%前後が整復され、残り20%の中の80%が牽引療法で整復されます。それ以外の5%前後で手術が必要になります。後遺症が残った場合には骨盤骨切りなどの補正手術が必要となります。

 この病気は、赤ちゃんの抱き方やおむつの当て方など育児習慣を注意することで発生を減少させ、悪化も防ぐことができます。予防法をお示しします。

 【オムツや洋服の注意点】赤ちゃんの脚は両膝(ひざ)と股関節が十分曲がり、外側に開いた「開排位(かいはいい)」で、自由に脚を動かせるような状態が好ましいです。両脚が伸ばされたり、動きが制限されたりするようなきついオムツや洋服は避けるようにしましょう。

 【抱き方の注意点】赤ちゃんを抱くときは正面から脚が開排位となるようにしましょう。抱っこひもで脚が開排位に保てるものであれば問題ありませんが、スリング(1枚の布を使った赤ちゃん用の抱っこひもの)で横抱きにすると、両脚が伸ばされた状態になるので勧められません。

 【向き癖への対応】向き癖がある場合は、向いている側の反対側の脚が内側に倒れた状態になるため徐々に脱臼してくることがあるといわれています。「向き癖がある方向とは反対側から話しかける」「向き癖の側の頭や体のしたにタオルなどを入れて持ち上げる」といった方法で向き癖を改善し、脚が外に開くようにしましょう。

 健診で股関節の診察が行われますが、「赤ちゃんの股関節の開きが悪い」「脚の付け根のしわに左右差がある」「歩き始めたが、歩き方がおかしい」など、心配な点がありましたら、整形外科にご相談下さい。


<アピタル:弘前大学企画・骨と関節の病気 予防と治療>


引用元:
赤ちゃんの発育性股関節形成不全(朝日新聞)